« トビムシ(田圃藁土) | トップページ | むれスズメ(群雀) »

2007年12月26日 (水)

暮れゆく12月

枇杷の大木に、やや黄色みを帯びた白色5弁の花が葉の間にかたまって咲いていました。目立たないひっそりした花です。Img_3690Blg20071226img_3755

  枇杷の花 見頃のなくて 盛りなる    中井富佐女

冬が深まるにつれて秋を飾った菊の花も名残の彩りを落としながら枯れていきます。Img_3691

Img_3686

  枯菊と 言い捨てんには 情けあり    松本たかし

|

« トビムシ(田圃藁土) | トップページ | むれスズメ(群雀) »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暮れゆく12月:

« トビムシ(田圃藁土) | トップページ | むれスズメ(群雀) »