« ツマグロヒョウモン(幼虫) | トップページ | ヨコズナサシガメ(幼虫)(2) »

2008年4月 9日 (水)

春の野外

 4月に入ってからすぐに、近所でツバメが2~3羽飛び交っているのを目の当たりにして、季節の移り変わりを改めて認識しました。
 それで、しばらくズル休みにしていたウオーキング・コースを廻ってみたところ、まだ用水路には留鳥のカルガモはもちろん、コガモ夫妻が少し残っているし、P4031223trm

 
 ツグミも田起こしで隠れていた昆虫類が掘り起こされるのを目当てに、カルガモと一緒に田圃の中をウロウロしていたりで、P2291118trm

 
 渡り鳥なのにまだ北国へ帰らないでいるのんびり組もいるようでした。
 調節池に来ていた冬鳥はもう姿は見えません。

 
 土手や草地には春の野草がぐんぐん成長して、日溜まりにはナナホシテントウが忙しく歩き回り、Img_0836

 
 草むらにはコガタルリハムシの仲間?の甲虫がこちらも忙しく動き回っていました。Img_0852

 直射日光を首筋に受けると暑くて汗ばんでしまいます。

|

« ツマグロヒョウモン(幼虫) | トップページ | ヨコズナサシガメ(幼虫)(2) »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の野外:

« ツマグロヒョウモン(幼虫) | トップページ | ヨコズナサシガメ(幼虫)(2) »