« トビムシ(佐野市・三毳山麓) | トップページ | ヨコズナサシガメ(幼虫) »

2008年4月 6日 (日)

菜の花とミツバチ

春の陽が暖かい江戸川スーパー堤防のサイクリングコース、菜の花が盛りです。1img_0523

自転車をおりて菜の花の傍に行くと、ブーンと羽音を立ててミツバチが1匹、目の前にとまりました。3img_0537trm

忙しく花から花へと移動します。そのうちに全身の細かな毛に花粉が付着します。5img_0538justtrm

ホバリングしながら身体中に付いた花粉を、自分の唾液で湿らせた後足でくしけずり、後ろ足にある花粉かごと呼ばれる部分に団子状に丸めて集めます。 4img_0536trm

集まった花粉団子は体重の半分近くにもなり、これを巣箱まで持ち帰るのは本当に重労働でしょう。働き者です。2img_0536trm_2

ミツバチにとって、蜂蜜はすぐにエネルギーになるカロリー源、そして花粉団子はタンパク質、ミネラル、ビタミン類を補給する栄養源だそうです。

ニンゲンが、ローヤルゼリーを食べても、女王様にはなれません。

|

« トビムシ(佐野市・三毳山麓) | トップページ | ヨコズナサシガメ(幼虫) »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜の花とミツバチ:

« トビムシ(佐野市・三毳山麓) | トップページ | ヨコズナサシガメ(幼虫) »