« 積乱雲 | トップページ | 白馬の花旅(2)八方尾根トレッキング »

2008年8月 1日 (金)

白馬の花旅(1)栂池自然公園の花ハイキング

 関東地方は梅雨明け後も天候は今ひとつ不安定でしたが、高山植物は今が盛りのベストシーズン、ということで、先月下旬に信州白馬村に行ってきました。
 期待に反して旅の期間中ずっと曇り、時々雨で、残雪の北アルプスの景観には全く恵まれませんでしたが、ハイキング、トレッキングコースの足元に咲き競う高山植物の数々、また飛び交う昆虫たちを目の当たりにして夏の自然を満喫してきました。

 栂池自然園一周の花ハイキングコース(所要時間約3時間30分;一周約5.5km)。
 ロープウェイを降りてビジターセンターに向かう。
 この時が一番遠景は見えていました。残念ながらこの後は雲がどんどん上がってきて曇り空になり、残雪の北アルプスは全く見ることが出来ませんでした。1img_0432

 
 ロープウェイ終点の自然園駅で買った”今見られる代表的な花の写真ガイド”には約50種類が掲載されていました。
 もちろん実際にはそれよりはるかに沢山の花々があり、片っ端から写真を撮っていたらコース一周標準時間の2倍くらいも時間が経過してしまいました。
 数百枚の写真はこれから整理が大変です。
 はじめて見る昆虫類もたくさんいて、こちらもなかなか名前が分かりません。
 ほんの一部だけ写真を掲載します。

●コイワカガミ:
 大きなオオイワカガミ、普通のイワカガミ、そして小さいコイワカガミ、があって、見ただけで正確な識別は難しいそうです。
 とりあえず写真ガイドには”コイワカガミ”とありました。2img_0591

 
●サンカヨウ:
 既に花が散って実がなっているものが多かったのですが、やっと花が咲いているものに巡り会えて記念撮影。3img_0556_1

 
●カオジロトンボのペアリング:
 名前のとおり顔が白いです。はじめて見ました。
 標高1000m以上の高層湿原に棲息するトンボだそうです。4nc

 
●ルリタテハ:
 目の前をヒラヒラと青い筋のあるきれいな蝶が飛んでいきますがなかなか留まる気配がありません。
 少し遠回りをして待っていると、しばらく誰も来ない木道にとまりました。チャンスです。
 実際に見たのは初めてでした。5p7241823

               - 続く -

|

« 積乱雲 | トップページ | 白馬の花旅(2)八方尾根トレッキング »

登山/ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白馬の花旅(1)栂池自然公園の花ハイキング:

« 積乱雲 | トップページ | 白馬の花旅(2)八方尾根トレッキング »