« ホトケノザ | トップページ | トウダイグサ »

2009年3月 2日 (月)

鳥も移動の季節(2)

 再び調節池の鳥です。先に、生憎の天気で強風に波立つ水面に水鳥の姿がほとんど見えなかったことから、しばらくしてまた様子を見に行ってきました。
 当日は曇り空で少し風がありましたが、池の堤防に上がると、水面に鳥が浮かんでいるのが分かりました。曇りのせいもあって肉眼では鳥の種類はよく分かりません。水際まで下りていくと、水鳥の群れは例によってどんどん遠ざかります。
 一部が視界から消えたようだったので、デジカメの望遠で覗いてみると、ヒドリガモの一群が対岸に上がっているところでした。まだ一部はここにいるようです。
 ヒドリガモ:P2262836

 少し移動して遠方を探してみると、ハシビロガモもまだ居残っているようでした。
 ハシビロガモの♂:P2262844
 一番多かったのは、カルガモの集団でした。

 そして先日カワウがたむろしていた場所にはダイサギが一羽、ぽつねんと佇んでいました。
 ダイサギ:
P2262849trm 
 カエルが増える時期に集まってくるチュウサギに比べて大型で、クチバシの付け根から眼の下に伸びる黒い線が、眼より後ろに伸びている(チュウサギは目の下で終わっている)、ということからの区別です。 P2262849trm2
 
 50mくらいまで近づくと、あわてて対岸目指して飛んでいきました。P2262850

 
 後しばらくすれば、この池に”常住”するのはアイガモ仲間だけになることでしょう。季節は巡ってゆきます。 

|

« ホトケノザ | トップページ | トウダイグサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥も移動の季節(2):

« ホトケノザ | トップページ | トウダイグサ »