« イブキボウフウ | トップページ | 八ツ場ダム建設現地 »

2009年10月12日 (月)

キンミズヒキ、ツリガネニンジン、マルバキンレイカ(?)

 9月初旬、東北地方で見かけた植物です。

キンミズヒキ:
 渓谷沿いの草地に咲いていました。(撮影9/2、岩手県)
山野の林縁などに生える多年草。黄色の花を穂状に咲かせる姿を金の水引に例えた名前。
 茎は高さ30~90cmになり毛が多い。茎の上部はよく分岐して花径約1cmの小花を総状に多数つける。
 葉は互生し奇数羽状複葉で、小葉には粗い鋸歯がある。
 分布は日本各地。花期は7~10月。Bl92g2r

 
ツリガネニンジン:
 草原にたくさん生えていました。(撮影9/2、岩手県)
山野の草原などに生育する多年草。キキョウなどと共に、秋の到来を感じさせる植物の1つ。
 釣り鐘状の花形とともに、大きな根を朝鮮人参に例えて和名がついたという。
 根生葉は丸く、長い柄がある。その後に伸びた茎に付く葉は楕円形で葉柄はほとんどなくなり、数葉が輪生するようになる。
 花は淡青紫色の釣り鐘型で、雌しべが花から少し突出する。
 分布は日本各地。花期は8~10月。Img_0421 Img_0123 Img_0116

 
マルバキンレイカ(?):
 山地の草むらの中に一株だけ花がついていたのを撮しました。
 1枚しかない写真がピンぼけで、また名前を確認するのに必要な部位の写真が無く、本当のところは分かりません。
 何となくにているかな、という単なる推測です。(撮影9/2、岩手県)
 なお、マルバキンレイカは、山地で特に岩場の斜面などに生える多年草。
 茎はやや太く高さ30~70cm、葉は長さ7~15cmで羽状の浅い切れこみがある。
 花は黄色で花径5mmほど、花筒の基部には半円形の小さなきょ(花べんの一部が袋状に突き出た部分)がある。92img_3037

|

« イブキボウフウ | トップページ | 八ツ場ダム建設現地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キンミズヒキ、ツリガネニンジン、マルバキンレイカ(?):

« イブキボウフウ | トップページ | 八ツ場ダム建設現地 »