« ナズナの種 | トップページ | 大晦日 »

2009年12月30日 (水)

チョウジソウの種

 チョウジソウは河川敷や湿地に生える多年草ですが、自生環境の変化等で見られる機会がだんだん減少して、現在は環境省のレッドデータブックで、絶滅危惧種Ⅱ類(UV)に指定されています。
 以前にたまたま知人から種をもらって植えたものが、"どんどん増えますよ"と言うほどには増えはしませんが、毎年絶えることなく初夏にきれいな薄紫色の花を咲かせてくれます。(→後で分かりましたが、園芸種でした。丈夫でよく増えます。)Img_26071

 
 放任している株はやがてドライフラワー風に枯れてしまい、円柱形の果実が出来ています。
 そして果実の鞘が割れると種を飛ばしています。
 そのわりには、まわりに勢力を広げていくと言う様子がありません。20091223img_4410_4

 
 12月下旬、まだ残っていた鞘と、中に行儀良く並んで入っている種を観察しました。20091223img_4410_5

 
 種は茶色で、表面に凸凹があり、円筒形をした長径7mmほどのものでした。20091223img_4410_6

 
 今年の種はこれで見納めです。 20091223img_4410_37mm

|

« ナズナの種 | トップページ | 大晦日 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョウジソウの種:

« ナズナの種 | トップページ | 大晦日 »