« カラスノゴマ | トップページ | ツチイナゴとコバネイナゴ »

2011年11月25日 (金)

晩秋の秩父路風景

 山里の晩秋。巡る季節。柔らかな光の空谷の中に冬の跫音が聞こえてきました。

R0018960

R0018966

R0018969

R0018984

R0018986

|

« カラスノゴマ | トップページ | ツチイナゴとコバネイナゴ »

自然」カテゴリの記事

コメント

 かつての秘境も、今は急な狭い道を宅急便の車が走るところとなりました。しかし、都市のクリスマス・イルミネーションの虚飾は、まだ、見られませんね。

投稿: クロメダカ | 2011年11月25日 (金) 19時13分

季節の深まりと共に、慌ただしい気分になるこの頃ですが、奥深い山間の風情はのんびりと時が流れていくようですね。
ダム湖の日差しは柔らかく、人影の稀な関所跡の紅葉も穏やかで・・・でも、「兵どもが夢の跡」・栃本関には、往年の武田信玄の東国進出の想いが漂っていて、ざわざわした気持ちにもなります。
はんなりとした紅葉の秩父渓谷の岩壁には、現代の強者ども・スズメバチが活動しているようで・・・これらの山里の風雅に浸れられない凡人の心境です。

投稿: ハクナマタタ | 2011年11月25日 (金) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カラスノゴマ | トップページ | ツチイナゴとコバネイナゴ »