« スカシタゴボウのロゼット葉 | トップページ | ハルノノゲシとオニノゲシのロゼット葉 »

2012年1月22日 (日)

オオアレチノギク、メマツヨイグサ、ナズナ、ヒメムカシヨモギ、ミチタネツケバナのロゼット葉

オオアレチノギク(越年草):
 越冬のロゼット葉は整った形のものですが、夏から秋には、直立した茎を2m近くまで伸ばし、茎の先は分岐し、その先に小さな頭花をたくさんつけて環境の美観を著しく損ない、除草に手間取る困りものになり果てます。R0019561

 
メマツヨイグサ(越年草):
 大きなロゼットを広げていました。R0019750

 
ナズナ(越年草):
 整ったロゼットを形成します。観察期間が短いので、まだ画像が少ないですが、ロゼット葉は、発育段階に従って同じ植物と思えないほど姿が変わっていきます。Photo_5

 
ヒメムカシヨモギ(越年草):
 ロゼットは整った形になりますが、春先から茎が伸び始め、やがてオオアレチノギク同様に直立した茎を2m近くまで伸ばして、美観を損ねるようになるよく似た困りもの雑草仲間です。Photo_6

 
ミチタネツケバナ(越年草):
 秋に芽生えて成長をはじめたロゼット葉には,形の整ったものがありますが、生育環境条件によってかなりロゼットの草姿には変化が有ります。
 田んぼの畦で、寒中にも花をつけている元気な古株もあります。丈夫な外来の雑草です。Photo_7

|

« スカシタゴボウのロゼット葉 | トップページ | ハルノノゲシとオニノゲシのロゼット葉 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。