« ダンコウバイ(冬芽と葉痕、維管束痕) | トップページ | セリバオウレン(2013/3) »

2013年3月12日 (火)

アズマイチゲ

 自然公園の落葉広葉樹林の下にアズマイチゲが開花していました。2週間ほど前には全くみられなかったのですが、一気に春になったからのようです。P3085940_10

P3085940_1

P3085940_5

 
 近隣の山野草植物園でも、ちょうど満開ということでした。春の花時です。R0031885

R0031886

●アズマイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属):
 花期は3~5月の多年草。白い花弁のように見えるのは萼片で、 8~13枚ありますが、花弁はありません。
 花の後、落葉広葉樹林の若葉が展開する頃には地上部は枯れてなくなり、その後は翌春まで地中の地下茎で過ごす”スプリング・エフェメラル”の一つです。
 近縁のキクザキイチゲに似ていますが、葉に菊の葉のような切れ込みがないことで区別できます。

|

« ダンコウバイ(冬芽と葉痕、維管束痕) | トップページ | セリバオウレン(2013/3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダンコウバイ(冬芽と葉痕、維管束痕) | トップページ | セリバオウレン(2013/3) »