« ヤマノイモ、ウリクサ、ハグロソウ、キツネノマゴ、ママコノシリヌグイ、他 | トップページ | ウラギンシジミ、イチモンジチョウ、ヒカゲチョウ、ウンモンオオシロヒメシャク、不明のガ »

2013年10月 1日 (火)

富士山を望む

 10月。読書の秋、芸術の秋、実りの秋、スポーツの秋、天高く馬肥ゆる秋。それぞれの秋本番のスタートです。

 さて、月遅れの記事になりました。
 9月半ば過ぎ、全国快晴に恵まれた一日、日帰りで富士山麓へ行ってきました。
 富士山は、空気が澄んで晴れた日には、田んぼ道から遠望できるのですが、少し近くまで行って見た富士山の姿には新たな発見がありました。

★国道139号線、富士吉田市(山梨県)を過ぎた辺りから見えるのは見慣れた山容です。Blg_5

 
★国道139号線、鳴沢村(山梨県)付近から見えた”編み笠”様の山容。
 一瞬目を疑いました。これ何の山かと。
 富士山・白山岳(3,756m)が正面に見える方角だからでしょうか。Img_1216trmcc

 
★過ぎるとまた見慣れた台形の山容になり、しばらくして大沢崩れが正面に見えるようになります。Img_1229

 
★そして、国道139号線から国道469号線に入り、富士山を挟んで鳴沢村とほぼ反対側になる富士宮市山宮(静岡県)付近からは、正面になる富士山・剣が峰(3,776m)が尖った姿の富士山になります。
 初めて目にしました。Photo

 
★帰路、夕日に浮かび上がった大沢崩れ。止められませんね。Img_1332trmcc

 これだけ良く晴れて、1日のうちに色々な姿の富士山を見ることができたのは”日頃の行いに無関係の”幸運でした。

|

« ヤマノイモ、ウリクサ、ハグロソウ、キツネノマゴ、ママコノシリヌグイ、他 | トップページ | ウラギンシジミ、イチモンジチョウ、ヒカゲチョウ、ウンモンオオシロヒメシャク、不明のガ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤマノイモ、ウリクサ、ハグロソウ、キツネノマゴ、ママコノシリヌグイ、他 | トップページ | ウラギンシジミ、イチモンジチョウ、ヒカゲチョウ、ウンモンオオシロヒメシャク、不明のガ »