« タヒバリ(冬鳥) | トップページ | シモツケの開花、クスノキの果実/アカボシゴマダラ幼虫後日談 »

2013年11月26日 (火)

カメムシの卵、後日談

 先週末、10日間ほど晴天が続いた散歩コースではソメイヨシノが2輪開花していました。R0040344

 
 先にモミジバフウの葉裏に産みつけられていたカメムシの卵 がすぐその近くだったことを思いだして、様子を見に寄ってきました。
(写真再掲)R0040265

 
 案の定、孵化が終わり、抜け殻が白く光っていました。ただ中には黒いままの卵が1割弱残っているようで、孵化に失敗したようです。R0040341cc

R0040325cc

 最終的に成虫にまで生き残れるのはごく少数なのでしょうね。そうでなければカメムシだらけになってしまいますから。
 生存競争は決して楽ではないのです。

 後日、「通りすがり」さんから記事の誤りをご指摘いただきました。再確認した結果ほぼ同じ画像が見つかり、シャクガの仲間の卵のようでした。遅まきながら記事を訂正し、お礼申し上げます。

|

« タヒバリ(冬鳥) | トップページ | シモツケの開花、クスノキの果実/アカボシゴマダラ幼虫後日談 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント


ご指摘ありがとうございました。明らかな間違いと確認し、訂正いたしました。フェイク記事で申し訳ありませんでした。

投稿: クロメダカ | 2019年11月29日 (金) 12時08分

はじめまして。
こちらはカメムシではなく蛾の卵だと思います。

投稿: 通りすがりです。 | 2019年11月29日 (金) 05時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タヒバリ(冬鳥) | トップページ | シモツケの開花、クスノキの果実/アカボシゴマダラ幼虫後日談 »