« 草原に生息しているヒメハンミョウの仲間 | トップページ | カラスウリ開花/2014夏の夜の夢 »

2014年8月 6日 (水)

猛暑日の昼の白い月

 温暖化の進んでいる夏は暑いものですね。くれぐれもご留意を。
 昨日(8/5)は、今年の全国最高気温(群馬県館林市の39.5℃)には及ばなかったものの、わが内陸県/埼玉・熊谷市では惜しくも!38.8℃を記録。
 それで、閉じこもりを中断して携帯熱中症計を持って外出。
 空気が乾燥していて、少し風もあって、日陰に入れば予想以上に楽なもの。
 やはり日本の夏が気温の割には厳しく感じられるのは湿度のせいですね。

●午後15時16分、風のある日陰で:熱中症計表示【危険】Img_4419ct2tc

 
●早生の品種の稲田ではお盆休み前後には稲刈りがはじまります。
 通りかかった農家の道路脇の日陰から、緑の稲田と、澄んだ碧空にくっきりと白い昼の月が見えました。
 (画像右上、白い半月)Img_4422t

 
●白い月をズームアップで撮っていた時、Img_4424

 
●偶然ファインダーをANAのジェット旅客機が一瞬、斜めに横切っていきました。Img_4425ct

 
●上弦の白い月Img_4426ctblgt

 持っていたスポーツドリンクの水筒が空になったので帰宅。

|

« 草原に生息しているヒメハンミョウの仲間 | トップページ | カラスウリ開花/2014夏の夜の夢 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 草原に生息しているヒメハンミョウの仲間 | トップページ | カラスウリ開花/2014夏の夜の夢 »