« アカボシゴマダラ幼虫の観察【続報】(2015/10) | トップページ | エノキワタアブラムシ »

2015年11月 1日 (日)

晩秋の侯に

 11月スタートです。

 晴れた日中でも、もう夏日になることはない、という天気予報になりました。
 確かに空気はひんやりと感じられる午前中でした。

●ホトケノザ:
 雑草が刈り取られたあとの堤防上の道沿いには、もう青々とした”若草”が伸びだして、その中に一群のホトケノザが紅色の花を付けています。
 そこだけ見れば,冬は通り越してもう春!とみまごう風景のようにも。
 もっともホトケノザの開花に関しては、過去の記録を見ると記事が無いのは6月~9月の間だけですから、早とちりに過ぎませんが。R0090336_2

R0090336_1

 
●ヒメアカタテハ:
 足元の地面にヒメアカタテハが羽を広げてじっと止まったまま。
 普通ならすぐに飛び立つのに。
 あいにく陽射しが薄い雲に遮られていていて、体温が上がらないままだったのでしょう。 
 しゃがみ込んで指先で触るとやっと飛び立ちました。Photo

 
●スズメウリ:
 堤防斜面に自生した川柳に絡みついて伸び上がったスズメウリが灰白色に熟してぶら下がっていました。R0090341

 
●カラスウリ:
 カラスウリも赤く熟して晩秋の風景を演出しています。Img_4028

|

« アカボシゴマダラ幼虫の観察【続報】(2015/10) | トップページ | エノキワタアブラムシ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アカボシゴマダラ幼虫の観察【続報】(2015/10) | トップページ | エノキワタアブラムシ »