« シルクロード(ウルムチ・トルファン・敦煌・西安)をめぐる旅(完) | トップページ | タチイヌノフグリ、ムラサキケマン »

2016年4月29日 (金)

過ぎゆく晩春

 地球が出来たのは、今から約46億年前のこと。
 以来ずっと地球は変化を続け、いまも地球温暖化に象徴されるように変化しています。
 地球の表面は十数枚のプレートと呼ばれる固い岩盤で覆われていて、プレートが衝突して沈み込みが起きる場所、またすれ違う場所では頻繁に地震が発生します。
 我が日本列島はまさにその様な場所です。
 ニンゲンの短い一生時間に較べれば、悠久の時間を通じて地震がなくなることはありません。
 ニンゲンはそういう星に住んでいますね。

 

 
■先日から、近郊の水田では早稲品種の田植えが始まっていました。Img_7990

 
■また水嵩の増した用水路や川には、産卵場所を求めて遡上する鯉の大群が見られるようになりました。Photo

 
■ヤエザクラは散り、街路樹のハナミズキの花びらも折からの強い北風に舞い、散り敷いていきます。Photo_2

 
■ご近所のお庭にもフジやツツジがきれいに咲いています。Photo_3

 
■狭い庭にも地面を覆うほどに、雑草を含む草花がはびこっています。
 ・カラー、シロバナサギゴケ(園芸種)、ナガバオモダカ、ムラサキカタバミ、アメリカスミレサイシン、ホタルカズラ。Photo_5

 
 ・キランソウ(ジゴクノカマノフタ)、マメカミツレ、チョウジソウ(園芸種)、ヒトリシズカ結実。Photo_6

 
 ・セイヨウジュウニヒトエ(園芸種)、エビネ類。Photo_7

 
■アマガエル、ヒシバッタ、ニホンカブラハバチ、セグロカブラハバチ、等々も姿を見せています。Photo_4

 ・ニホンカブラハバチ:R0091719

 ・セグロカブラハバチ:R0091712_2

  その他害虫もいろいろお出ましに。

 晩春も足早に過ぎようとしています。そしてゴールデンウイークもスタート。

|

« シルクロード(ウルムチ・トルファン・敦煌・西安)をめぐる旅(完) | トップページ | タチイヌノフグリ、ムラサキケマン »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シルクロード(ウルムチ・トルファン・敦煌・西安)をめぐる旅(完) | トップページ | タチイヌノフグリ、ムラサキケマン »