« 戸隠周辺の植物③オオカニコウモリ | トップページ | 戸隠周辺の植物⑤サラシナショウマ »

2017年9月28日 (木)

戸隠周辺の植物④ウワバミソウ、花とムカゴ

●ウワバミソウ(イラクサ科ウワバミソウ属)の花とムカゴ:
 晴れた日中でさえ直射日光のあまり入らない林縁/林床の随所にウワバミソウが群生していました。
 湿った山地の薄暗い日陰に群生する、ウワバミ(大蛇)の出そうな所に生える草、というのが名前の由来とも。
 これまで各地で花の時季の記録はありましたが、(茎の節々に)ムカゴが出来ているのを観察したのは今回が初めて。
 さほど暗く感じませんでしたが、非力なコンデジではシャッタースピードがせいぜい1/15秒前後ですべて手ぶれに、フラッシュでは白飛びしてしまい、花もムカゴも不出来な画像ばかりに。

 
 ・花(雌花):
  不鮮明な画像で判然としませんが、花柄がなさそうなので雌花のようです。Img_0134_1

Img_0134_2

Img_0134_3

 
 ・ムカゴ(珠芽):Img_0134_1_2

Img_0134_3_2

Img_0134_2_2

※ウワバミソウ:
 山地の湿った斜面に群生する雌雄異株の多年草。
 茎は高さ30~40cm。葉は左右不対称のゆがんだ長楕円形で縁に粗い鋸歯がある。
 葉腋から花序を出す。雄花序には1~2cmの短い柄があるが、雌花序には柄がなく、葉脇に直接付いている。
 花は小さな花の密集化で色はほとんど白色。
 秋に茎の節がふくらんでムカゴ(珠芽)ができ、地に落ちて翌年の春に新苗をつくる。

 余談ながらウワバミソウの茎の太い部分ははみずみずしく、別名「ミズ」とも呼ばれる「山菜」の筆頭だそうです。
 ムカゴも食用になり、プチプチとした食感が珍味だそうです。
 花期は4~9月、分布は日本各地。

               - 続く -

|

« 戸隠周辺の植物③オオカニコウモリ | トップページ | 戸隠周辺の植物⑤サラシナショウマ »

植物」カテゴリの記事