« 戸隠周辺の植物②ノブキ | トップページ | 戸隠周辺の植物④ウワバミソウ、花とムカゴ »

2017年9月27日 (水)

戸隠周辺の植物③オオカニコウモリ

 ここからは、随神門から奥社に到る巨杉並木参道の途上で見かけた植物です。

 ・参道並木の杉巨木:
 近寄ってフラッシュ撮影。Img_0140

 晴天の日中にもかかわらず、巨杉並木参道沿いの林縁には直射日光は殆ど入りません。  
 視覚的にはさほど暗くは感じませんでしたが、コンパクト・デジカメはスローシャッターでしか動作しないほどに薄暗い林縁だったようです。
 そのせいもあってすべて手ぶれ画像ばかりになりました。
 
 まずは初めてブログ登場のオオカニコウモリです。

●オオカニコウモリ(キク科コウモリソウ属):Img_01261

Img_01262

 
 ・画像を見てはじめて、緑色のイモムシ(ガの幼虫?)が花にくっついているのに気付きました。Img_01263

Img_01264

※山地の林縁や、やや湿った林床などに生える多年草で、群生することが多い。
 草丈は30~100cmになる。
 葉は大きく、5角形に近い腎形で幅9~27cm。粗い鋸歯があり、互生して付く。
 花期に50~80cmほどの花茎を出し、その先の花序にやや散房状に白色の頭花をつける。
 頭花は5~6個の小花からなる。小花は長さ8mmほどで、すべて両性花の白い筒状花が5つほどまとまって総苞に包まれている。
 花期は8~10月、分布は本州(東北地方から中国地方に至る)日本海側。

              - 続く -

|

« 戸隠周辺の植物②ノブキ | トップページ | 戸隠周辺の植物④ウワバミソウ、花とムカゴ »

植物」カテゴリの記事