« ハシビロガモ♂ | トップページ | コハコベ »

2018年2月28日 (水)

ハシビロガモ♂/アメリカヒドリ交雑種

 前報の観察後、再びハシビロガモを見つけ、更にアメリカヒドリ交雑種も見つかりました。
 少し冗長ですがその顛末記です。

 ・ハシビロガモが下流に去ってから鳥の姿がなくなった川を、1img_0007

 
 ・上流に向かって5分ほど歩いて行くと、少し先に再び1羽のハシビロガモ♂の後ろ姿を見つけました。2img_000852

 先に見かけた個体が再び戻って来たのか、別個体なのかは分かりません。
 ゆっくり後追い。

 
 ・ハシビロはその先(上流)にたむろしていた10羽ほどのヒドリガモの傍まで泳いで行くと、3img_0010

 
 ・しばらくその周りでウロウロ。4img_0011

 ( 実はこの時撮った原画像を後で見ていて分かったのですが、ヒドリガモの群れの中に1羽のアメリカヒドリとの交雑種が混じっていたのです。撮影時には気付きませんでした。 )

 
 その群れに近づいていくと、邪魔者が来たとばかりヒドリガモと共に上流に向かって移動して行き、更に先にいた別のヒドリガモの群れとも合流し、30羽ほどの長く伸びた群れになり泳いで行きます。5img_0019

 飛ばれないように一定の距離を保ちながらゆっくり追っかけ。
 やがて群れが動きを止めたところで、距離を置いて懲りずに観察再開。

 
 ・泳ぎ回っているヒドリガモの群れの間に浮いているハシビロガモ♂を再び見つけました。8img_0026

 
 ・そして少し離れたところに神経質なコガモの♂も1羽いました。9img_0024

 
 ・そのコガモを目で追っていた視野に、突然、アメリカヒドリ交雑種*が現れたのです。
 (*画面右下)
●アメリカヒドリ交雑種:10img_0030

 
 今度はアメリカヒドリ交雑種の追っかけです。
 ・仲間のヒドリガモ♀、またコガモ♂と11img_0028

 
 ・ヒドリガモ♂とImg_0046

 
 ・ヒドリガモ♀とImg_0065ct_2

 
 ・ゆったり泳ぎ回っていました。Img_0072

 (画像はクリックで拡大します。)Img_0070

 ヒドリガモ一族の一員として仲よく暮らしている様子が窺えました。

 今は、北帰行に備えて体力を蓄えるために、しっかり食べなければならない時期です。
 フィールドでは若草の生育が遅れていますが、3月には回復するでしょう。 
 何時まで滞在しているでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■なお、昨年、池で初めて、ヒドリガモの大きな群れの中に1羽のアメリカヒドリと、その交雑種1羽がいるのを見つけたのですが、今回が2回目の交雑種発見でした。 
 関心がなければ気付かないだけで、さほどに稀少、ということでもないのでしょうか。

●画像再掲:
 ・アメリカヒドリ(中央):Mainimg_7774

 
 ・アメリカヒドリと、交雑種:Img_7836tc_2

|

« ハシビロガモ♂ | トップページ | コハコベ »

」カテゴリの記事