« ヒメイトカメムシ | トップページ | サザンカ開花 »

2018年11月16日 (金)

マガモ、ホシハジロ、カンムリカイツブリ初見

 今シーズンはじめて池で見かけた常連の冬鳥の仲間。

 池周辺の環境変化もあるのかどうか分かりませんが、今シーズンは冬鳥の飛来個体数も種類も少ないようです。
 それでも、近くでは冬越し場所として条件の良い渡良瀬遊水地などをめざして移動中に小休止で立ち寄って行っただけらしい姿を見かけました。
 今シーズン初見ですので記録に。(2018.11.10撮影)

●マガモ:
 ♂の首がグリーンなので、青首と称されるありふれた冬鳥です。
 時折少数が飛来しているようです。Img_3286

 
●ホシハジロ:
 池では冬鳥として一番普通に観察されるヒドリガモ、そしていつも少数ながらいるコガモ、留鳥のカルガモに混じって、ただ一羽、ホシハジロがいるのに気がつきました。Img_3290

Img_3292

Img_3294_4

 
●カンムリカイツブリ:
 池の一番遠いところで、1羽だけでしたが、潜水を繰り返しているのを見つけました。Img_3317_1

 
 ついでに、
●ヒドリガモ:(こちらは10/2に初見していました。)
 右の1羽は眠りこけている様子。Img_3298

|

« ヒメイトカメムシ | トップページ | サザンカ開花 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒメイトカメムシ | トップページ | サザンカ開花 »