« 初冬のフィールドの植物(カナメモチ開花など) | トップページ | ケヤキの果実 »

2018年12月 9日 (日)

ヒドリガモとアメリカヒドリの交雑体

 昨年11月、散歩コースの池で休んでいた、比較的大きなヒドリガモの群れの中に、1羽の「アメリカヒドリ」*および「ヒドリガモとアメリカヒドリの交雑体」**がいるのを初めて観察して記録しました。

  今シーズンも、11月下旬になってから、期せずしてヒドリガモの群れの中に交雑体が1羽いるのを見つけましたので、新しい観察ではありませんが記録としました。
* https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-8729.html
** https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-a0a7.html

 11月29日の午後3時前、比較的多くのヒドリガモなどが池で休息しているのを目にして、暇つぶしに双眼鏡を覗いていたところ、,ヒドリガモの群れに混じって冬鳥のホシハジロ1つがいが居眠りをしていて、また別に、頭部が緑色に光る個体が1羽混じっているのに気がつきました。
 光の受け方で黒っぽく見えたり緑色に光ったりしますが、少し追っかけです。Img_3380

 
 ・ホシハジロつがい1組:Photo

 
 ・交雑個体追っかけ:Img_3394

 
 ”ヒドリガモとアメリカヒドリの交雑個体”です。Img_3400

 
 瞬膜を閉じたり(目が白く写っています。)開いたりしていて、要するに、眠くて眠くて仕方ない、午睡の時間帯だったようです。Photo_2

 
 ・ヒドリガモつがい:Img_3442

 
※参考:
 過去ログから「アメリカヒドリ、ヒドリガモとの交雑体とヒドリガモ」の画像再掲:Img_7836

 
 なおその後も現在までに断続的に交雑個体を見かけていますので、近くをウロウロしているようです。

|

« 初冬のフィールドの植物(カナメモチ開花など) | トップページ | ケヤキの果実 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初冬のフィールドの植物(カナメモチ開花など) | トップページ | ケヤキの果実 »