« 小春日和のお散歩 | トップページ | ツグミ(冬鳥)初見 »

2018年12月22日 (土)

ヨモギハムシ♀

 本日は「冬至」で昼が最も短い日。
 午前中は晴れ間がのぞきましたが気温はあがらずに肌寒く、午後からは小雨~曇りで、暗くなるのも一層早くなった感じに。
 明日からは、秒単位からではありますが、日が長くなっていきます。
 うれしいようjな、実感は伴わないような・・・

 ・年賀状も何とかしなくては・・・

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●ヨモギハムシ(ハムシ科ハムシ亜科):
 先日に続いて再びヨモギハムシを見かけました。
 冬晴れの遊歩道上をピカピカ金色に光ながら歩いていた、黄銅色で、お腹がパンパンに膨らんだ♀の個体でした。Img_3857

Img_3860

 
 行く手に枯れ草の茎を差し出し邪魔をして、這い上がったところで持ち上げ、体側面からお腹の様子を撮影後、地面に戻しました。Img_3865

Img_3870

Img_3872

 どうぞご無事に安産を。

※ヨモギハムシ:
 大きさ8~10mm。体色は黒色、青藍色、黄銅色と変化が多く、よく光る金属光沢があるハムシ。
 草原や人家周辺でも見られる普通種で、ヨモギ、ヤマシロギクなどを食べる。
 よく歩き回り、ほとんど飛ばない。
 秋~初冬には、産卵場所を探して地表を歩くお腹の大きなメスがよく見かけられる。
 越冬態は成虫および卵。
 出現時期は4~11月,分布は日本各地。

【参考】
 卵の越冬:
 http://www.shinshu-u.ac.jp/group/env-sci/Vol38/paper2016/38_07_Takao.pdf 

|

« 小春日和のお散歩 | トップページ | ツグミ(冬鳥)初見 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小春日和のお散歩 | トップページ | ツグミ(冬鳥)初見 »