« ニワゼキショウ | トップページ | エノキの葉で »

2019年6月22日 (土)

夏至/雑記

 今日(6/22)は夏至。

 以下は、倉島 厚(故人になられました)著「暮らしの気象学」草思社1984/11刊より抜き書き。

 ・夏至を過ぎると太陽は冬への道を歩み始める。短夜の雨の音が身にしみる。
 ・人びとが関心を持っている頭上の空は、直径30キロメートル程度の広さであり・・中略・・天気の変化を知りたい。そこに「はずれ」が入り込む余地が出てくる。
 頭上の天気は例えば直径100キロメートル以下、寿命1日以内の積乱雲群、あるいは直径10キロメートル、寿命6時間の集中豪雨域など数多くの大小さまざまの現象が複雑にからみ合い・・中略・・「はずれ」である
 ・日露戦争の時、「天気予報」というお守りがあった。敵の弾丸に「あたらない」というのである。・・中略・・、が、このお守りはよくない、とだれかがいいだした。「たま(弾丸)には、あたることもある」

 

◆当地も昨日今日と続いて終日、突然の短時間で強い降雨が繰り返しあって、安心して外出できない天気。
行動半径2キロメートル範囲の正確な予報など無理なことは十分わかります。

 

●レインリリー(ゼフィランサス):
 連日雨のおかげで、つぼみは立ち上がっていましたがそのままだったレインリリーが開花しました。Img_6084 

※レインリリー(ゼフィランサス)(ヒガンバナ科タマスダレ属):
中央アメリカ、南アメリカ原産。
本種は高温と乾燥が続いた後、雨が降ると一斉に開花することが特徴的。
草丈は15~20cmで、レインリリーとも呼ばれ、花色はピンク、白、黄などのバリエーションも豊富。植えっ放しでもよく育つ丈夫な球根植物。


●クロオビハナバエ(ハナバエ科):
 雨上がりの翌日当たりに決まって、どこからともなくやってくるる小さめ(大きさ5mm程)で、眼は赤茶色で背中に黒帯のあるハエ。
 ハナバエの名前にそぐわない、腐食や堆肥などから発生する衛生害虫。
 出現時期は主に5~10月。
Img_6088

 

|

« ニワゼキショウ | トップページ | エノキの葉で »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニワゼキショウ | トップページ | エノキの葉で »