« 雑記 | トップページ | 美術館見学(富山県) »

2019年9月16日 (月)

高圧送電線鉄塔風景

 ぐずついた曇天続きのせいで”中秋の名月”も翌日の”満月”にも無縁でしたが今夜(9/16) 8 時半過ぎ、晴れて外気温24℃、湿度74%という気象条件のもとピンボケもあって、高圧線鉄塔の上に丸い月が登りました。Blg9168352474


  ________________________


● 高圧送電線鉄塔風景
(以下の画像はすべてクリックで拡大します)

 ・暇人が夕刻の散歩コース途上で、改めて居住地周辺に縦横に配置・張り巡らされた高圧送電線鉄塔風景に見入り、
Dsc_00451Dsc_004429145


 ・目前の鉄塔に、ねぐらに帰る前のカラスの集合を目にしてその数を数えながら、20190914171429_p320190914171429_p35620190914171429_p337


 ・漠然と、先の台風15号で倒壊した千葉県君津市の鉄塔報道写真を目にして事の重大さに思い知ることしきり。Blg2019910


 思い起こせば、かつて高圧送電線からの電磁波(身のまわりの電磁界)が人の健康に悪影響を及ぼすのではと懸念されたり、また放送電波への影響などもあることから、社会問題になった時代がありましたが、現在ではいずれも科学的なデータに基づいて安全性・安全対策は担保されているようです*。
(*「身のまわりの電磁界について」:平成29年4⽉ 環境省 環境保健部 環境安全課
https://www.env.go.jp/chemi/electric/material/minomawari.pdf )

 しかし、今回のような強風による高圧線鉄塔倒壊などの懸念は想定外だったのですね。

|

« 雑記 | トップページ | 美術館見学(富山県) »

」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑記 | トップページ | 美術館見学(富山県) »