« 台風15号進路予報 | トップページ | 猛暑日の夜、雷鳴と幕電 »

2019年9月 9日 (月)

台風15号一過

 9/9、首都圏に大きな被害・混乱を残して過ぎていった台風15号。
 我が家地域でもほぼ予報どおりに通り過ぎていきました。
 ただ、時間当たり50ミリを超える激しい降雨のピーク時間帯は3時間ほどで、その間の降雨は断続的だったため、川や水路などの状況を見ると、絶対量としては過去の例に比較して、予想外に少なかったように見受けられました。
https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-bfba.html

・街裏の水路や、川、池など水量:
  増水量は予想外に少ない印象でした。4r_20190909170402


 また警報の出ていた暴風の影響はそれなりだったのですが、大きな災害はなく幸いでした。
・稲田の様子:
  収穫前の稲が倒伏した田んぼもあれば、ほとんど影響がなかったところなど。4r_20190909170401


・もみ殻の山吹き飛ぶ:
  収穫済みの稲穂を脱穀し、はずれたもみ殻を作業小屋からパイプを通じて田んぼに積み上げられたもみ殻の山がありました。
 それが未明からの暴風雨で吹き飛ばされて田んぼ沿いの農道に堆積。
 ちょうど通りかかった際には、農家の方が二人で、濡れて重いもみ殻を掃き集め一輪車に乗せて排除する作業をされていました。
 農家も大変です。3rn

・日中の最高気温は37℃になり、蒸し暑い一日でした。

|

« 台風15号進路予報 | トップページ | 猛暑日の夜、雷鳴と幕電 »

自然」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台風15号進路予報 | トップページ | 猛暑日の夜、雷鳴と幕電 »