« キタテハなど | トップページ | オニグルミ冬芽と葉痕・維管束痕 »

2019年11月21日 (木)

カイツブリ(留鳥)とカンムリカイツブリ(冬鳥)

カイツブリ(留鳥)とカンムリカイツブリ(冬鳥):

●カイツブリ(留鳥):
 久しぶりに晴れてしかも静かだった池に、少数のヒドリガモ(冬鳥)がいて、そこから少し離れたところにカイツブリが1羽浮いていました。
 目ざとく警戒心が強いので、レンズを向けるとすぐに、いつものように、すぐに遠ざかっていきます。Img_7426Img_7425


 ヒドリガモの群れが休息しているところまで行くと、安心したのかリラックス。Img_47346r


●カンムリカイツブリ(冬鳥):
 そこからずっと離れたところに、今度はカンムリカイツブリ(冬鳥)が2羽浮いているのを見つけました。
 2羽は少し距離を置いてバラバラながら少しずつ近寄って来るのを追っかけ。1img_74472img_74606r3img_746224img_74724r

 つかの間の、静かで平和な冬の池のひとコマでした。

|

« キタテハなど | トップページ | オニグルミ冬芽と葉痕・維管束痕 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キタテハなど | トップページ | オニグルミ冬芽と葉痕・維管束痕 »