« 「3県境」 | トップページ | 晩秋から初冬の風物(ミコアイサ♀など) »

2019年12月25日 (水)

「わらアート」

 先頃、所用のため数日の間をおいて2回通りかかった私鉄駅の空き地に “ドラゴン”と“ホワイトタイガー”をモチーフにしたという「わらアート」作品の制作と展示が行われていたので、2回に分けて撮ってきました。

 「わらアート」については「巨大なわらマンモス」*など、すでに知人のブログ記事などで(驚きを持って)承知していましたが、今回目にした作品は製作・展示スペースの制限などもあるからでしょうか、さほど大きなものではありませんが、やはりよく出来ているなと感心しました。
 制作はNPO法人「わらアート JAPAN」:
http://waraartjapan.com/
 わらなどの制作素材や工程などは、既に他地域でも作られている作品と共通のようです。

●ドラゴン:201912101032_p_20191225201501201912101033_p


●ホワイトタイガー:
201912101032_p20191222130532_p20191222130549_p20191222142425_p 

◆参考:
①わらアートまつり
 新潟市西蒲区HP
https://www.city.niigata.lg.jp/smph/nishikan/about/kankou/wara-art/index.html
「わらアートまつり」は「稲わら」を活用した様々なアート作品を制作・展示すると共に、地域の特産品販売など、新潟市西蒲区の魅力を市内外へ発信するイベント。
 東京の武蔵野美術大学の学生達と市民とが協働で作品を制作し、会場の上堰潟公園に大小さまざまなわらアート作品をお披露目。
 2008年(平成20年)から始まり、令和元年8月25日開催で12回目を迎えまた。
 これまで巨大な野獣のわらアートイベントで展示された作品は、カメレオン、マウンテンゴリラ、マンモスなどで、マスコミにも紹介・報道されています。

 なお、その制作過程が紹介されています。
・「わらアート作品ができるまで」
 新潟市西蒲区HP
https://www.city.niigata.lg.jp/smph/nishikan/about/kankou/wara-art/warasakuhin-syoukai/warasakuhin-koutei.html
(最終更新日:2015年10月6日)に紹介。


②わらマンモス*
 愛媛県西予市観光協会のホームページ
「せいよじかん」https://seiyojikan.jp/
「わらマンモス」:https://seiyojikan.jp/spot/わらマンモス/
 愛媛・西予の田んぼに「親子」マンモス出現
 わらマンモスは2011年(平成23年)にれんげまつりを盛り上げようと、東京の武蔵野美術大学と地元有志が協力して制作したのが始まり。

|

« 「3県境」 | トップページ | 晩秋から初冬の風物(ミコアイサ♀など) »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「3県境」 | トップページ | 晩秋から初冬の風物(ミコアイサ♀など) »