« アカメガシワ新葉 | トップページ | フジの芳香 »

2020年4月22日 (水)

まだいる冬鳥の仲間

 ツバメが飛んでいるのに、まだいる冬鳥の仲間。
 寒い国に帰れない何かの事情があるわけでもないのに。
 
●コガモ:
 こちらは例年5月ゴールデン・ウイーク明け頃まで散見されるので、もうしばらくいるでしょう。
 直近では4月11日、川で一つがい見かけました。Img_9953Img_9954

●ツグミ:
 4月14日、公園でうろうろしていた1羽。これが見納めかも。
 少しずつ集まってから、最後は大集団で帰っていくそうですが。Img_9975414

●ヒドリガモ:
 しばらく前の観察が最後と思っていたのですが。
 4月16日に、周辺には何もいない川筋にうろうろしていた1羽の雄。Img_00131416

●オオジュリン:
 シーズン中に見かけることが少なかったものですが、なぜか今頃になって池端の枯れヨシの茂みから1羽飛び立って瞬時、姿を現したもの。
 (本種は留鳥ですが、当地では冬季だけに移動してくる冬鳥です。)Img_00521

|

« アカメガシワ新葉 | トップページ | フジの芳香 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アカメガシワ新葉 | トップページ | フジの芳香 »