« サギの仲間、水田でエサ取り | トップページ | オカダンゴムシ(ダンゴムシ) »

2020年6月15日 (月)

アワフキ幼虫

 先日のこと、連日の雷雨の後の雨上がり、所用で通りかかった街裏の遊歩道で。
 路上に伸び出していた“ひこばえ”のエノキ小枝に泡の塊が付いていました。R002

 雷雨は短時間ながら、3日連続で続いたのに、流されることもない、丈夫な「泡の住処」の主はアワフキの幼虫です。
 特別珍しくもありませんが、(余計なことですが)泡を葉っぱではぎとると、大きさ8mmほどで全身黒い幼虫がはい出してそれなりのスピードで隠れようと逃げ出します。Rimg0010

 追っかけ撮影中に物陰に隠れていきました。
 少し図鑑など調べましたが今回は“未同定”とされた幼虫にそっくりで、不明でした。
 幼虫は、寄生した植物を吸汁して栄養分を吸収し、余分な水は糖タンパク質を含む粘液とともに排泄して、そこに空気を送りこんで“丈夫な”泡の塊を作って住処としています。
 成虫はセミに似た姿をした小さな昆虫で、幼虫、成虫共に樹木の汁を吸う害虫です。

|

« サギの仲間、水田でエサ取り | トップページ | オカダンゴムシ(ダンゴムシ) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サギの仲間、水田でエサ取り | トップページ | オカダンゴムシ(ダンゴムシ) »