« 子連れのキジ | トップページ | ナツメの花 »

2020年7月 1日 (水)

タイサンボクの花

●タイサンボク(モクレン科モクレン属):
 車道沿いの民家の庭に植栽されたタイサンボクが、高いコンクリート塀の上にせり出して大きな白い花を開いていたので少し遠くから望遠撮影。
 (撮影6月25日)Img_0505Img_0504


 “大昔”のこと、地面に散ったお皿のような白い花弁を船に見立てて小川に浮かべ遊んだことでした。

※タイサンボク:
 北アメリカ原産の常緑高木。
 枝先に、芳香のある白色で杯形の大きな花(花径15~20cm)を上向きにつける。
 花の花弁は8~9枚で、中央部に多数の雄しべと雌しべが集まって円錐状につく。
 葉は互生。葉の表面には光沢があり、裏面は毛が密生しており錆色に見える。
 果実は果実は袋果が集まった集合果で落葉のころに赤く熟する。
 庭木や公園樹としても利用される。
 花期は5~7月。

|

« 子連れのキジ | トップページ | ナツメの花 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子連れのキジ | トップページ | ナツメの花 »