« ミョウガの花 | トップページ | 10/20 つれづれ日記 »

2020年10月19日 (月)

ミョウガの花観察( 続報 )

●ミョウガの花観察続報:
 本日(10/19)は最低気温9℃、最高気温15℃とまた寒い1日になりました。
 明け方の曇り空も、朝から小雨に変わり、夜まで断続的に降りました。
 昨日観察したミョウガの花ですが、その後どうなっているかと今朝、小雨の降る中覗いてみたところ、意外にも見た目はほとんど変わりないように見えました。(写真1~3)1r00113902r00113883r0011389

 そこで、せっかくの機会なので改めてもう少し花の構造・様子を理解するためピンセットを持ちだして、出来るだけ花を傷めないよう持ち上げたり、広げたり(一部切り取りも)しながら写真を取り直してみました。

 唇型花(淡黄色)の花冠管状部は円柱形で細長く、花弁は3裂し、各々は皮針形で尖るが、中央部分は大きく舌状で内側に湾曲し、両側の2裂片は小さくなっています。(写真4)4r0011392

 雄しべと雌しべは癒合して一つになった両性花です。
 下方の膨らんだところが雄しべで、上に伸びた葯隔が花柱を包んでいます。
 雌しべの花柱は白色で細長く、雄しべの葯隔を貫通して覗いた先端は内側に反曲(そり曲がる)します。
 柱頭には毛があります。(写真はクリックで拡大します)(写真5)5r0011400 

 雄しべの葯は黄褐色で、縦裂すると多数の花粉を放出します。
 花粉は長楕円形です。(写真6~7)6r00114017r0011402

 分かりやすくするために、萼片1枚を切り取って再度 雄しべまわり・葯・花粉の写真撮り。(写真8~13)8r00113949r001141010r001140811r001140312r001140413r0011405 

 切り取った萼片1枚をもとの位置において全体の様子再確認。(写真14)14r0011411

|

« ミョウガの花 | トップページ | 10/20 つれづれ日記 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミョウガの花 | トップページ | 10/20 つれづれ日記 »