« オオウンモンクチバ、ベニスズメ終齢幼虫、クロコガネ、その他 | トップページ | ハエドクソウ(蠅毒草) »

2020年10月 6日 (火)

チュウサギ大集合

・10月に入ってから、やっと、日中および就寝時の冷房機の運転が不要になったので、確かに涼しくなったという実感です。
 我が家のキンモクセイも満開になりました。
 時には近隣から漂ってくる香りも重なる時には、少々匂いがきつ過ぎるな、という感も。R0011161R0011163


 今日は晴れの予報に反して曇天で風も涼しいので日中散歩に。
 ・畑には、ヒガンバナの塊。Img_0789

 ・田んぼ沿いの排水路の擁壁法面には、野朝顔が紫色の花を多数開いたまま。
  そしてどこからから逸脱・自生したムラサキシキブが綺麗な実をつけているのが目に止まりました。Img0788


 ・川面に数羽のカモの姿。
 望遠で1羽を撮ってみると、どうやら冬鳥のマガモの♂若鳥またはエクリプスらしい。初見。Img_0790

 ・生い茂っていた夏草が刈り倒された対岸の堤防上にはカルガモの群れが。(カラスも少数)
 盛んに何かをついばんでいる様子でした。Img_0791Img_0792


●チュウサギ大集合/池沿い近くの田んぼで。
 温暖な天候が続く間に、稲刈り(収穫)が終わった切り株から再び稲穂(二番穂)が伸び出して、周辺の田んぼはすっかり若緑色になっています。
 そしてところどころの田んぼでトラクターが稼働していました。
 来年にむけて地力の向上のため、2番穂が稔実する前のイネ株や、また収穫時に裁断された稲わら、また、籾がらなどを田んぼにすき込み、 土中有機物を増すという、秋の農作業(秋耕)が行われていたのです。
 そして、その周囲にチュウサギが大集合しているのを目にしました。
 ざっと100羽くらいはいたでしょうか。Img_0795Img_0804Img_0805Img_0797

 掘返される土中から獲物が飛び出してくるのを待っているのでしょうか。
 その割には忙しく歩き回る様子はなく、ただ突っ立っているだけのように見えましたが。


 ・池の対岸の柳では、やはりチュウサギが少数ながら休息中でした。Img_0800Img_0801

|

« オオウンモンクチバ、ベニスズメ終齢幼虫、クロコガネ、その他 | トップページ | ハエドクソウ(蠅毒草) »

」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オオウンモンクチバ、ベニスズメ終齢幼虫、クロコガネ、その他 | トップページ | ハエドクソウ(蠅毒草) »