« マルハナバチの仲間、日暮れ時の空模様 | トップページ | 秋も深まる気配のこの頃、アオクサカメムシの5齢幼虫 »

2020年10月26日 (月)

”茶花”風のツリバナ

●雨の日のツリバナ
 先日(10/23)終日小雨/曇りの繰り返しで、最高気温18℃と肌寒かった日。
 大半は落果し残り少なくなっているツリバナの果実が、雨に濡れてひっそりと吊り下がる風情に、見慣れたものながら(柄にもなく)”茶花”の雰囲気を感じたので、暇つぶしに撮影。Img_0941-1023-1Img_0941-1023-5Img_0941-1023-4Img_0941-1023-2Img_0941-1023-3Img_0945
 
◆吊り下がる長さ:
 1段だけの短いもので10cm前後
 2段くらいで吊り下がるものは15~20cm
 小枝先から一筋に繋がってぶら下がるものは30cmほどにもなります。


 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ツリバナに関しては下記に詳細な記事があります。
 http://www.forest-akita.jp/data/2017-jumoku/73-turibana/turi.html
 森と水の郷あきた
 あきた森づくり活動サポートセンター
 総合情報サイト

 樹木シリーズ73 ツリバナ

|

« マルハナバチの仲間、日暮れ時の空模様 | トップページ | 秋も深まる気配のこの頃、アオクサカメムシの5齢幼虫 »

植物」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マルハナバチの仲間、日暮れ時の空模様 | トップページ | 秋も深まる気配のこの頃、アオクサカメムシの5齢幼虫 »