« イチモンジカメムシ♀ | トップページ | サザンカ開花 »

2020年11月 4日 (水)

オオモクゲンジ

●オオモクゲンジ( 別名フクロミモクゲンジ袋実木欒子)(ムクロジ科モクゲンジ属):

 本日(11/4 ) の渡良瀬遊水地、”天気は終日快晴で最高気温18℃、風速4~5mの北風が冷たい”という、朝の天気予報で思いつき、片道45分前後の遊水地まで、久しぶりにマイカー出かけてきました。
 昨年末、台風19号の爪痕を見るために出かけて*以来のことでした。
 * https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2019/12/post-7e6801.html
 昨今の
 ストレス解消と、使用する機会が少ない車のバッテリー充電不足対策のためでした。


◇渡良瀬遊水地:
 渡良瀬遊水地の谷中湖、貯水量は満水状態の様でした。
 昨年の台風19号襲来時には肝を冷やしましたが、今年はこれまで台風直撃もなく大雨の心配もないので、満水でOKなのかも。

 ・「中の島」に向かう橋。昨年台風19号の大雨の時にはこの橋・欄干・防護柵ごと完全に水没。Img_1180

・先に見える「中の島」に設置された休憩用の東屋も完全に水没したのみならず、屋根がそっくり流失。
 水が引いた後で、池端の樹木根元に引っかかっているのが見つけられました。
 現在も屋根の復旧は行われていませんでした。Img_1181

・やや強めの冷たい風で水面は波立ち、Img_1182

・柳の大木の枝も一斉に吹き流しに。Img_1191


●オオモクゲンジ
 谷中湖の「中の島」広場の端の生育していて多数の実を付けた一本のオオモクゲンジが目につきました。
 中国原産の落葉高木です。
 本種は公園や広場や庭などに植栽用として販売流通しているそうですが、この木は植栽されたものではなさそうです。
 袋状の果実は風で遠くまで運ばれて、中からこぼれ落ちた種子が発芽し、実生の苗木が普通に育つそうですが、ここでは、どこかで野鳥に食べられた種子が運ばれてきて “鳥散布”されたものが生育したものなのでしょうか。
 ともあれ、樹幹はそれほど太くはありませんが、樹高は目見当で4mほど、その枝先の円錐花序に多数の袋状の果実が付いてとても目立ちます。
 ただ、袋状の果実はすべて手の届かない高さにあり、見上げただけでは細部がわかりません。Img_1190R0011900Img_1184

 しかし幸いなことに、樹冠下より少し(5~10m以上)離れた南東の草地に点々と多数の袋状の果実が落下していました。
 このところの北~北西よりの冷たい風にとばされて運ばれてきたのでしょうか。
 その幾つかを拾い上げて観察してみました。
 果実は袋状で、3枚の葉が葉脈をくっつけ合ったような形をしており、各々の葉状の面の中央に実を付けます。
 袋の下(開口部)を覗いて見ると、3室に種子が各1個ずつ見えましたが、指先で押し開けて見ると、4~6個の種子が入っていることがわかりました。R0011901R0011902R0011903R0011904

未熟種子4個:4r0011898

未熟種子5個:5r0011896

熟した種子5個:5r0011897

熟した種子:始めは3個しか見えなかったが全部開くと4個だった。R0011905R0011906R0011907R0011908


※オオモクゲンジ:
中国原産で、高さ15~20mになる落葉高木、樹形は楕円形になる。
葉は互生し、長さ45~70cmの奇数2回羽状複葉。小葉は9~17個あり、楕円形で、切れ込みはなく全縁。
開花期は9~11月頃。枝先に長さ20~50cmの大きな円錐花序を出し、黄色の小さな4弁花を多数つけて樹冠が黄色く見えるほどの景観になる。花弁は強く反り返り、赤い付属体がつき、基部は短い爪となる。
結実期は10~11月。花と果実を同時に観察できる時期がある。
果実は径4~6cm。楕円形~広卵形の風船状に膨らんだ蒴果(雌しべの子房が放射状に複数の仕切りで分けられ、果実が成熟した時、それぞれの部屋に種が入っているもの)で、”風船“は薄く柔らかい3枚の果皮からなる3室の袋状になっていて、それぞれの室にφ0.7cmほどの丸い種が1~2個ずつ入っている。
 未熟時の果実は緑で、熟すにしたがって薄紅色、更に熟すと白茶色に変わる。
室中の丸い種子もはじめは黄白色で、熟すと黒くなる。黒色の種子を含む袋状の果実は風で飛ばされて種子を散布し、分布を広げる。


◇冬鳥(マガモなど):
 野鳥観察台から暇つぶしに見たのは、はるか遠くに浮かぶ点のような冬鳥のマガモの群れ。
 すでに次々と冬鳥が飛来しているという情報でしたが、本日目にしたのは殆どがマガモばかりでした。
 まだ定着する時期ではなく、国内を移動中だからでしょうか。Img_1186Img_1185Img_1188

 午前中だけで帰宅。半日のことでしたが気分転換にはなりました
 海の向こうの彼の国は大変な騒ぎになりかけていますが・・・・


|

« イチモンジカメムシ♀ | トップページ | サザンカ開花 »

」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イチモンジカメムシ♀ | トップページ | サザンカ開花 »