« 雑草の紅葉(3) シロザ(その1) | トップページ | ツグミ初見 »

2020年11月30日 (月)

何事もなく終わる11月の自然の片隅で;半影月食を伴う満月

 万物の霊長界では相変わらずの波乱ですが、自然の片隅では何の変哲もないように季節が移り、11月も終わりに。

 本日(11/30)は終日晴れで、日の出 06:32 、日の入 16:27。
 最低気温は1.3℃と冷蔵庫でしたが、日中の最高気温は14℃まで上がり、平年並み。
 陽だまりは暖かくて静かな一日でした。

●午後3時45分:
 すでに大きく傾いた赤い夕陽に照らされた池風景。
 湛水量は少ないので水表面積もごく狭い状況:Img_1589346

●鳥の姿もごくわずか:
 ・コガモ♂(奥)とヒドリガモ♂(冬鳥):Img_1590

 ・カンムリカイツブリ(冬鳥):Img_1600

 ・カルガモ(留鳥)手前、ヒドリガモの小さな群れ(冬鳥)奥:Img_1602

 ・カイツブリ(留鳥)2羽、と思ったら次つぎ浮上してきて5羽に。
 例によってすぐに泳ぎ去っていきました。Img_1609Img1616

 ・コサギが飛来。中洲に降りて小魚捕りも。Img1607

●池傍の作業広場に植栽されたモミジバフウ。先ごろ紅葉したと思っていたら、もう大部分の葉を落としてしまい、静かに暮れ行く晩秋の風景に。Img_1624

●ヌートリア:
 川筋まで戻ると、川上からヌートリアが泳ぎ下ってきて目の前を通過していきました。Img1631

●田んぼ道を帰る頃には日の入りに。10img_1633420

●満月(半影月食):
 午後5時46分に撮影した半影月食の満月で11月も締めくくりになりました。
 「半影月食」(下記参照)、の件ですが、画像をじっと眺めてみると、画像右側の明るさに比べて確かに左側は暗く見えます。
 (画像はクリックで拡大します)Img_163920201130n

 
 ちなみに、前日の月(月齢14)(画面左側がわずかに欠けている。)の写真を比較のため再掲しました。Img_15851129514_20201130215601

※参照: https://weathernews.jp/s/topics/202011/290065/
 *半影月食とは、月面から見て部分日食が起こっている状態で、(”月食”の名が付いているものの月が欠けて見えるのではなく、グラデーションのように片側が少し暗く見える現象
 (半影食の始まり:16時32分頃、半影食の最大:18時43分頃、半影食の終わり:20時53分頃)


|

« 雑草の紅葉(3) シロザ(その1) | トップページ | ツグミ初見 »

」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑草の紅葉(3) シロザ(その1) | トップページ | ツグミ初見 »