« スズメ | トップページ | マダラツマキリヨトウ幼虫 »

2020年11月11日 (水)

歴戦のヤマトシジミ頑張る

■ショートストーリー
『歴戦の強者、頑張るヤマトシジミ物語』

〇 舞台背景:
 時は11月8日午後2時過ぎ、咲く花の種類も数もめっきり少なくなってきた晩秋の散歩コース。
 繁茂していた大型の雑草も刈り払われ、開けた草地のところどころに、まだカントウヨメナが薄紫色の花を開いていました。
 その花の蜜を求めてライフサイクルの終盤を迎えているチョウたちが飛んでいました。
 舞台背景はこのような場面です。Img_1298Img_1270

※舞台画面:
 同一画面の正面中央にカントウヨメナの異なる株の花が3個、映り込んでいます。
 第一幕はそのうち上方の2個の花です。Img_1275_20201111205001

◆主役登場:
 前翅には大きな穴が開き、縁はギザギザになるまで損傷していても、弱った様子も見せずにカントウヨメナを訪花してライフサイクルの完結を目指して生存競争を生き抜くヤマトシジミの勇姿。Img_1274ct1

 下の花から登場:Img_1275

 1分間ほど熱心に吸蜜を続けると、Img_1271Photo_20201111205301

 突然飛び立ち、ベニシジミが吸蜜していた上の花へ移動し、あっという間にベニシジミを追い払って吸蜜に。
 そして追いだされたベニシジミはしばらくの間周辺を飛び回っていましたが、ほどなく下の花に舞い戻って吸蜜を開始。
 素直なもの。Img_1283Img_1282Img_1281


 そして30秒ほど経過した時、突然上のヤマトシジミが吸蜜中の花にモンシロチョウが闖入(ちんにゅう)!11img_1284  
 しかし、ヤマトシジミは破れ翅を大きく開閉して、一撃のもとにモンシロチョウを追い払いました。

 ヤマトシジミはその後1分半ほど(上の花で)吸蜜継続。12_20201111205701

 そして今度は下にいたベニシジミが、13img_1289

 突然上に移動し、十数秒のせめぎあいの後、ヤマトシジミを追い払い、上の花で吸蜜を始めました。14img_129015img_129216img_129317img_1294

短い第二幕:
 追い払われたヤマトシジミを目で追うと、しばらく周辺を飛び回った後に、下の2番目の花ではなくその下の草にうずもれかけている3個目の花に舞い戻って吸蜜を始めました。
 (画像はクリックで拡大します)18img_129619img_1295

 この間3分間ほどでした。
 ・ここまで、開幕から8分間ほどのショート(むしろ冗長な)ストーリーでした。

 「万物の霊長」はチョウの世界のせめぎあいを知らず、チョウは万物のレイチョウ界の激しい競り合いを知らず。

|

« スズメ | トップページ | マダラツマキリヨトウ幼虫 »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スズメ | トップページ | マダラツマキリヨトウ幼虫 »