« 今日(2020.12.18)の夜空( 月、土星、木星 ) | トップページ | 2020/21冬至の夜空に木星と土星が大接近 »

2020年12月19日 (土)

センダングサの仲間(3種)

◆センダングサの仲間:
 フィールドに雑草の花々が乏しくなった晩秋~初冬になっても、方々で黄色い花をつけて目立つセンダングサの仲間。
 棘だらけの果実(そう果)をつける迷惑雑草です。
 その花の蜜を求めて最後のチョウ類や小昆虫などが集まります。
 
 センダングサ(キク科センダングサ属)には数種あり、その交雑したものもあるため判然と区別できない時もあります。
 いずれも1年草で花期は9~11月。
 (12月中旬現在も、まだ草刈り・除草されていないフィールドには棘だらけのそう果をつけて残っています。)

①コセンダングサ(キク科センダングサ属):
 花(頭花)の作りは基本的にはキク科に共通の構造に準じています。
 黄色の頭花をつける。頭花には舌状花はなく、両性の筒状花だけが集まっている。
 そう果には刺状冠毛が2~4個ある。R00120944rR0012094

②コシロノセンダングサ:
 頭花には中心部に両性の黄色い筒状花多数の集まりと、外周部に白い舌状花が4~7個ある。
 また「そう果」には刺状冠毛が2~4個ある。R0012109R001211114r

③アイノコセンダングサ:
 本種は①と②の交雑種という。
 頭花には舌状花はなく、外周の筒状花の一部が大きく白くなる。
 「そう果」には刺状冠毛が2~4個ある。R0012102-3R00121024r


・なお余談ながら、センダングサ(頭花に黄色の舌状花を5個つける)は近郊で見かけることはありません。

|

« 今日(2020.12.18)の夜空( 月、土星、木星 ) | トップページ | 2020/21冬至の夜空に木星と土星が大接近 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日(2020.12.18)の夜空( 月、土星、木星 ) | トップページ | 2020/21冬至の夜空に木星と土星が大接近 »