« 水辺の鳥;東京スカイツリー遠望 | トップページ | 雑記 »

2020年12月 6日 (日)

イソシギ

●イソシギ(シギ科)(留鳥/漂鳥)
 3年ぶりに川で見かけた単独のイソシギ(大きさはスズメとムクドリの中間くらい)です。
 今回撮影できたのは川床に堆積した泥土の水辺。
 時折尾羽を上下に振りながら忙しく周辺を歩き回って盛んに餌を啄んでいました
 よほど沢山の獲物がいたらしく延々と食べ続けていました。
 (撮影時間2分間、ひま!)(画像はクリックで拡大します)Img_1731Img_1735

・へ泥にまみれた足!Img_17381img17362img17463img17504img1764

※川の石組み護岸壁面や、浅い川床に堆積した泥土の水辺を歩いて、ユスリカやトビケラなど水生昆虫類の幼虫などを採食しています。
 胸の白い部分が、わきの折りたたんだ翼の部分に食い込んでいるところが、他のシギ類との識別ポイントです。
 1~2羽でいることが多く、特に冬季はたいてい単独で生活しています。
 過去ログの観察時季は11月~3月(2010/4/7の記録1回だけを除き)なので、当地では冬鳥、のようです。
 ・過去ログ例
 https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-252c.html



  ************************************************

◆2020/12/6 明るいビッグニュース
 探査機「はやぶさ2」のミッション完璧に。
 一連のニュース動画を見てあらためて感動しました。
 分離されたカプセルは回収され、また探査機本体は新たなミッション(地球と火星の間を回る小惑星(1998KY26)に向かい、11年後に到着、探査を行う)に向かったという。
 (当方11年先まで生きていられるかどうか・・・)そんなことはさておき、快挙に気分すっきり。
 ありがとうございました。


 

|

« 水辺の鳥;東京スカイツリー遠望 | トップページ | 雑記 »

」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水辺の鳥;東京スカイツリー遠望 | トップページ | 雑記 »