« 雑記 | トップページ | モミジバフウ冬芽と葉痕・維管束痕 »

2021年1月30日 (土)

クズの葉痕・維管束痕 (変顔)

 放任された空き地にはクズが大繁殖して、驚くような景観を呈しているところもあります。Img_2593
 
 困ったものですが、それはともかく、暇人のひま潰しには役立つことも。

●葉痕・維管束痕 (変顔):
 変わり映えしない記事ですが、冬枯れのクズを覗いて見ると、葉痕と維管束痕が「変顔」に見えて、時間つぶしが出来ました。R0013082R0013073R0013089R0013096

※クズは古来より日本では「秋の七草」の一つとして、またその根から抽出したでんぷん「くず粉」は「葛湯や葛餅」として、さらには、根っこを乾燥させた「葛根(かっこん)」は風邪薬の葛根湯として用いられる身近な野草でした。
 しかし、近年は各地で大繁茂し、処かまわず絡みつき、這い上がり。覆いかぶさる迷惑強害雑草となり果てています。

 余談ながら、アメリカでは人為的に持ち込まれたものが野生化して大繁殖し、現在は有害な「侵略的外来種」に指定されています。
 ( 参考 http://www.bousou-ken.org/sample_zassou.pdf )

|

« 雑記 | トップページ | モミジバフウ冬芽と葉痕・維管束痕 »

植物」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

冬芽と葉痕」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑記 | トップページ | モミジバフウ冬芽と葉痕・維管束痕 »