« カラスウリの残骸、タツナミソウ開花 | トップページ | 越冬中のキタテハ »

2021年1月27日 (水)

アシナガグモ♀

●アシナガグモ♀:
 日中、外構壁に細長く黒っぽいゴミのようなものがくっ付いているので、何だとのぞき込んで見ると、細長い体に沿って長い脚をくっつけて伸ばしたまま、微動だにしないクモでした。
 全く動かないので、レンズをくっつけるようにして、背面からの様子だけですが、比較的鮮明な画像が得られました。
 画像検索で、素人判断ながら、(ヤサガタアシナガグモによく似た)「アシナガグモの♀」個体と判断しました。Photo_20210127211601Ct2R0013118R0013118ct3

 ・また保存画像に中に、昨夏、カーポートと建物壁の間に大きな網を張って通行のたびに顔に引っかかって不快なクモを殺虫剤で駆除した折に撮っていた(2020.8.10)(不明の)画像を改めて見直したところ、アシナガグモと判断できるので次に掲載しました。
 (写真上:腹面から、下:背面から)R0010910-2R0010910-1

 さらに遡って(2020.7.14)、同じようにカーポートに大きな網を張って頭や顔に引っかかり不快な思いをして追う払った時の画像を確認すると、たぶん同じ仲間と推測される画像も追加しました。R0010530R0010539

・なお、ヤサガタアシナガグモとの識別は体の背面と腹面の紋様と色調で区別できるという情報を参考にしました。
 
※アシナガグモ:
 分布域が広く、水辺、林縁部、農耕地などに生息して、粗い円網を張る。
 網を張る高さも水面上から電線にいたるまで高低差があるので、背面、腹面、側面とさまざまな角度から見る事ができる。
 腹面模様は黒褐色の地色に黄褐色の縦筋

【参考】:
◆ヤサガタアシナガグモ:
 過去ログがあります。
 (画像一部再掲:写真上・背面紋様;下・腹面紋様)Photo_20210127213201Photo_20210127213202

 https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-f0a1.html
 分布域は限定的で、水辺、特に水田に多く生息し、低い位置に水平の円網を張る。
 腹面は黒褐色一様の縦筋。

|

« カラスウリの残骸、タツナミソウ開花 | トップページ | 越冬中のキタテハ »

クモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カラスウリの残骸、タツナミソウ開花 | トップページ | 越冬中のキタテハ »