« ギンメッキゴミグモ(今シーズン初見) | トップページ | 花開く早春 »

2021年3月13日 (土)

クロヒラタアブ(?)

●クロヒラタアブ(ではないかと思ったヒラタアブの仲間):
 先日(3/11)の朝10時ごろ、庭にいた時に黒っぽいハエのようなものが飛んできて辺りをグルグル回った後、陽の当たっているプラスチック製のごみ箱に止まりました。
 撮ってみるとハエではなく、我が家では初見の「クロヒラタアブ」ではないかと(素人の絵合わせで)思ったことでした。
(専門家によれば、本種の同定は外観だけでは出来なくて、“解剖学的所見”が必要とのことです。)R0013337

※クロヒラタアブ(ハナアブ科)
 体長9~12mm、腹部の地色は黒色で3本の帯模様が見られる
 花の蜜や花粉を舐める。
 幼虫はアブラムシを食べる。
 出現時期は3~11月、分布は日本各地。


●「芽出しの雨」:
 昨日夜半から雨になり本日は終日冷たい降雨になりました。
 ただ雨の降り方は時々刻々、変動し、特に午後2時過ぎくらいから極端で、時折雷鳴が轟き、稲光が走るなど荒れ模様。
 その頃の当地域の雨雲の予想レーダー画像を見ると、雷雲が次々に北上して来て、我が家付近をかすめていく予報。313235

 その割には幸いにも思ったほどのことはなく夜には止んで、明日は終日快晴の予報。
 この雨は「芽出しの雨」になって草木の萌えるのが促進されるでしょう。

|

« ギンメッキゴミグモ(今シーズン初見) | トップページ | 花開く早春 »

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ギンメッキゴミグモ(今シーズン初見) | トップページ | 花開く早春 »