« 三寒四温で進む春 | トップページ | 雑記(クリスマスローズ開花ほか) »

2021年3月 5日 (金)

レンギョウ、ギンヨウアカシア

 本日は「冬籠りの虫が這い出る」啓蟄。
 早春、市街地で。
・黄色い花の花木:
●レンギョウ:
 我が家のレンギョウ小木は毎年、時期をかまわず極端に切り詰めるため、未だに葉芽がのぞいた程度で花の気配もありませんが、
たまたま通りかかった市街地の道路沿いで、空き地に植栽されたレンギョウが、邪魔になるほど大きくせり出して黄色い花を多数つけていました。
 刈り込み剪定などしなければ時に邪魔ものに。Img_2935Img_2936

●ギンヨウアカシア:
 市街地道路沿いのお庭で、塀の外まで伸びあがった黄色い花の塊が目立ったので通りがかりにシャッターを押したもの。
 (ピンぼけでした。)Img_2937Img_2938Img_2939t2
 
※ギンヨウアカシア(銀葉アカシア)(マメ科アカシア属):
(別名:ミモザ、ハナアカシア)
 オーストラリア原産の帰化種で、庭木や街路樹などとして植栽され、樹高3~6mほどになる常緑樹。葉は螺旋状に互生し、2回偶数の羽状複葉で、銀灰色を帯びていることが和名の由来。
  早春(2~4月)、株を覆うほどに、多数の雄しべでフワフワした外観の黄色球形の花つけて目立ちます。
 なお、遠目にはよく似た「フサアカシア」がありますが、特に葉の形状などが異なるので区別できます。

|

« 三寒四温で進む春 | トップページ | 雑記(クリスマスローズ開花ほか) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三寒四温で進む春 | トップページ | 雑記(クリスマスローズ開花ほか) »