« 満月の翌日の月 | トップページ | ヤエザクラ、ハナミズキ開花;ツリバナに害虫クロウリハムシ »

2021年4月 1日 (木)

アオバアリガタハネカクシ(初見)

●アオバアリガタハネカクシ(初見)(ハネカクシ科アリガタハネカクシ亜科):
 去る3/26、池の堤防斜面の草地に生えていたシロバナカラスノエンドウの写真を撮っていた際に、R0013528_20210401192401


 全くの偶然、視野の中に姿を現したもの。
 ハネカクシの仲間であることはすぐに分かりましたが、これまで見かけていた種類とは別なので、急ぎこちらにレンズを向けました。

 カラスノエンドウの茎を忙しく移動している少なくとも2匹を確認して追っかけましたが、後で撮れた画像を確認すると、別個体も写り込んでいることがわかりました。R0013529-2R0013529-2ctR0013529-1ctR0013529-1

 このような状況から、本種の生息は特に珍しいことでもなく、近辺の草地にも複数の個体が地表を歩き回りながら獲物を探していたようです。
 ただ、”見ようと思って”わざわざ草むらをかき分けるなどしてみても、“チャンスが無ければ”、目にすることは少ないのかもしれません。

※アオバアリガタハネカクシ:
 大きさ6.5~7mmのスリムな体形で、頭部、上翅、腹端(の色)は黒く、他の部位は赤褐色のハネカクシ。
 田んぼや池沼の周辺などの湿った環境・場所の地表に生息している。
 灯火にもよく飛来する。
 体液中にペデリンという毒を持ち、皮膚に触れると炎症を起こす。
 出現時期は3~11月、分布は日本各地。

参考:
●キンボシハネカクシ過去ログ:
 https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-8db3-2.html
その他。

●翅を隠さないキンボシハネカクシ:
 https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/2014-eee7.htmlR0080662cthane


|

« 満月の翌日の月 | トップページ | ヤエザクラ、ハナミズキ開花;ツリバナに害虫クロウリハムシ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 満月の翌日の月 | トップページ | ヤエザクラ、ハナミズキ開花;ツリバナに害虫クロウリハムシ »