« ベニシジミ(初見) | トップページ | ネコハエトリ♂ »

2021年4月 4日 (日)

クロバネキノコバエ

●クロバネキノコバエ:
 気温が上がって雑草も勢いを増して繁茂を始めると、小さな昆虫類が次々に出現してきます。
 3月下旬、草取り中に、普段気が付くことも少ない小さなハエのようなものが目の前に飛来したので手袋ではたき落としたところ、普段あまり見かけない(気づかない)ものだったので、撮影して確認。
 鉢植え植物や腐植などに、時には大量に繁殖するという、初めて確認した、クロバネキノコバエ(♂)でした。R0013565ct

※観葉植物など湿り気のある植木鉢の培養土や、湿った堆肥、腐植、また腐葉土などで時に大量発生する。
 体長は2~3mmほどで体色は黒い。
 腹部は体長の割に大きく、♂は♀より細身であるが、いずれも(腹部)先端(尻)は細く尖る。
 繁殖力が強く、高温多湿の時期には大量発生する不快衛生害虫仲間。

|

« ベニシジミ(初見) | トップページ | ネコハエトリ♂ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベニシジミ(初見) | トップページ | ネコハエトリ♂ »