« バラシロヒメハマキ/不明のハモグリガ幼虫 | トップページ | ギンメッキゴミグモ(続) »

2021年5月15日 (土)

チュウダイサギ(婚姻色進行中)

 5月初旬、田植えが終わったばかりの水田に、チュウダイサギが1羽降り立って、餌を探しながらゆっくり歩いているのを見かけていました。
 画像を確認すると、夏羽になっていて、婚姻色は進行中で、まだ虹彩は黄色いままの個体でした。
(撮影5/4)Img_3376Img_3375_20210515203601Img_3374Img_3375
 
 もう今頃は虹彩も赤色になって繁殖期になっているでしょう。

※チュウダイサギは夏羽になると(黄色だった)嘴が黒くなり、目先も黄緑色を帯びる。 
 また胸や肩から長い飾り羽が生じる。
 さらに繁殖期で婚姻色になると目先が青緑色になり、(黄色だった)虹彩は赤くなる。
 また、脛から跗蹠にかけても赤みを帯びる。

|

« バラシロヒメハマキ/不明のハモグリガ幼虫 | トップページ | ギンメッキゴミグモ(続) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バラシロヒメハマキ/不明のハモグリガ幼虫 | トップページ | ギンメッキゴミグモ(続) »