« 徘徊性のクモ、ネコハエトリ♀その他 | トップページ | クロネハイイロヒメハマキ(成虫/幼虫) »

2021年5月20日 (木)

フタテンアツバ、不明のガ、アカハラゴマダラヒトリ

 月遅れの記事ですが:

●フタテンアツバ (ヤガ科テンクロアツバ亜科) :
4月6日:
 外構壁に茶色っぽい小さなガが止まっているが目に止まりました。
 見かけたことがない蛾でしたが、特徴的な斑紋から、フタテンアツバと分かりました。R0013877-46

※大きさ(前翅長)7.5~8mm
 幼虫の食草はイネ科のチヂミザサですが、近くにはありません。
 成虫出現時期は4~10月、分布は本州,四国,九州。
 何処から飛来したのやら。



●不明のガ:
4月10日:
 草原で足元から飛び立って近くの草の茎に止まった小さなガ。
 大きさ(前翅長)は15mmほど。
 前翅には白地に茶褐色の特徴的な帯紋などがありますが、名前は分かりませんでした。R0014056410



●アカハラゴマダラヒトリ(ヒトリガ科ヒトリガ亜科):
4月27日:
 朝方、駐車場に転がっていました。(すでに死んでいました。)
 初めて見たので記録に。Img_3324427

※大きさ(開張)40mmほど。前翅は、白地に黒の斑紋があるヒトリガの仲間。
 黒い斑紋には個体差があり、♀では斑紋がまったくない個体も出現する。
 腹部背は赤い。前足の付け根の節も赤い。
 幼虫はクワ科(クワ),ミズキ科(ミズキ)の葉を食べる。
 成虫出現時期は4~9月、分布は日本各地。

|

« 徘徊性のクモ、ネコハエトリ♀その他 | トップページ | クロネハイイロヒメハマキ(成虫/幼虫) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徘徊性のクモ、ネコハエトリ♀その他 | トップページ | クロネハイイロヒメハマキ(成虫/幼虫) »