« ギンメッキゴミグモ(4月初旬) | トップページ | フタテンアツバ、不明のガ、アカハラゴマダラヒトリ »

2021年5月19日 (水)

徘徊性のクモ、ネコハエトリ♀その他

 4月から5月、庭に姿を見せた徘徊性のクモの仲間です。
 繰り返しの内容で目新しいものはありませんが記録に。

4月11日:
●ネコハエトリ♀:
 スイカズラの葉上に静止していたもの:R0014070411

 全体に黒い体の♂の個体はしばらく前に観察していました。

4月25日:
●アリグモ:
 ヤマアジサイの葉上を歩き回っていた、大顎の小さい♀個体:R388425

4月27日:
●アリグモ:
 ヒトリシズカの葉上で、獲物(有翅型アブラムシの仲間?)を咥えて歩いていた個体。やはり♀のようです。
 追っかけると嫌がって葉裏に回り込んでいきました。R430427R0014433427

●アリグモ:
 リュウゼツランの葉上にいました。近寄るとすぐ逃げました。R0014445427

4月28日
●ササグモ:
 ヘメロカリスの葉上に静止:Img_3330428

5月3日
●デーニッツハエトリ:
 門扉アルミの上を移動中( 過去に1回記録があります。これで見かけたのは2回目です。):
 体長♀ 8~9mm;♂6~7mm。出現時期は3~11月、分布は日本各地。
R58553

5月7日
●アリグモ:
 カラーの苞の中に入り込んでいた個体:R67957

5月9日:
●ササグモ:
 芳香の漂っていたバラ(ロイヤルハイネス)の花に静止していた個体。
 かなりの間そのままでした。お気に入りの場所だった?10-r001471159

 ついでに:
 徘徊性クモの餌になりそうなユスリカの仲間:
 ミニバラの葉に静止していたもの:417r149
 

※余談:
 クモの捕食行動は、網をつくって捕らえる造網性と、草木の葉や構造物の表面・壁面などを歩き回って捕らえる徘徊性の2つに大別できる。
 造網性でも徘徊性でも、全てのクモは歩くときに必ず尻から“しおり糸”という糸を引いて歩く。
  敵から逃れるため飛び落ちるクモは、必ずこの糸を引いており、再び糸をたぐって元に戻ることができる。
 一見紛らわしい黒蟻とアリグモの識別は、この行動を観察できれば一目瞭然。

|

« ギンメッキゴミグモ(4月初旬) | トップページ | フタテンアツバ、不明のガ、アカハラゴマダラヒトリ »

クモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ギンメッキゴミグモ(4月初旬) | トップページ | フタテンアツバ、不明のガ、アカハラゴマダラヒトリ »