昆虫

2021年4月10日 (土)

進む季節、フジ開花など

 晴れたり曇ったり、時には強風が吹いたりと、なんだか落ち着きのない昨今の天候です。
 また朝夕は肌寒く寒の戻りのような日々なのに、季節の移ろいは急過ぎるように見えるのは気のせいでしょうか。

●フジ開花:
 街裏の遊歩道の藤棚が青紫になっているのが目に止まりました。
 昨年の記録より10日以上早い開花進行です。Img3233

●街路樹のハナミズキも満開。
 ・満開の白花:Img_3239

 ・赤花は木によってばらつきがありますが、花付きが悪い木は貧弱ですが、これで満開。Img_3236

(なお“花”は本来の花弁ではなく、総苞片(花のつけ根の葉)です。

●繁茂した満開のナノハナ:
 池の堤防、東西方向に約450m、R0013928450

 南北方向に約350mが黄色に染まって、風に乗ってナノハナの香りが漂っています。R0013929350mR0013930

 大部分が大型化したセイヨウカラシナ(根元の方の大きな葉の縁には鋭い鋸歯があり、茎の途中に付いている葉の付け根は茎を抱かない)で、R0014028

 セイヨウアブラナ(葉の縁は波打つ程度で鋸歯はなく、葉の付け根は茎を抱く)が少し混じり、栽培品種のナノハナはありません。

●川の堤防筋も同じ状況で、ほぼセイヨウカラシナばかり。Img_3240

 ・セイヨウミツバチが訪花していました。R0014030

●例年、早い田んぼでは4月下旬には田植えがはじまります。
 すでに早くから準備作業の一環として雑草処理の除草剤が散布されていて、田んぼによって
 ・イネ科の雑草だけ枯れ、スギナ(ツクシ)が大繁殖しているところや、R0013936

 ・ほぼ全種の雑草が赤茶けて枯れているところなど様々な景観に。R0013933

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

不明の小さなハチの仲間

  相変わらずどんどん伸びる雑草取りをしていた午後の晴れ間、眼に前に小さな虫が飛んできて、ヤマアジサイの新葉の先に止まりました。
 ハチの仲間のようで、しばらくそのまま同じところに止まったまま吹く風に長い触覚をなびかせたりして、のんびりしていたので、しばらくレンズを向けて暇つぶし。
 後で確認したアジサイの葉の大きさと比較して、体長は3mm程のハチでした。
 同定が困難な仲間のようで、詳細は分かりませんが、初めての記録に。
 (画像はクリックで拡大します)R0013975R0013976R0013982_20210410112501R00139873mmR0013982

 何か獲物を食べている?R0013987trm2Sr0013989


| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日)

クロバネキノコバエ

●クロバネキノコバエ:
 気温が上がって雑草も勢いを増して繁茂を始めると、小さな昆虫類が次々に出現してきます。
 3月下旬、草取り中に、普段気が付くことも少ない小さなハエのようなものが目の前に飛来したので手袋ではたき落としたところ、普段あまり見かけない(気づかない)ものだったので、撮影して確認。
 鉢植え植物や腐植などに、時には大量に繁殖するという、初めて確認した、クロバネキノコバエ(♂)でした。R0013565ct

※観葉植物など湿り気のある植木鉢の培養土や、湿った堆肥、腐植、また腐葉土などで時に大量発生する。
 体長は2~3mmほどで体色は黒い。
 腹部は体長の割に大きく、♂は♀より細身であるが、いずれも(腹部)先端(尻)は細く尖る。
 繁殖力が強く、高温多湿の時期には大量発生する不快衛生害虫仲間。

| | コメント (0)

2021年4月 3日 (土)

ベニシジミ(初見)

 ベニシジミの出現時期は3~11月で、当地でも例年3月初旬には堤防草地で見かけていましたが、今シーズンは何故か、なかなか目にすることがありませんでした。
 そして昨日(4/2)に、通りかかった農道端の草地ではじめて1匹を見つけました。1月遅れです。
 翅色は春型の明るい赤橙色のきれいな個体でしたが、撮った画像を確認したら、小鳥に襲われたのでしょうか、右前後翅の一部が損傷していました。Img_3207Img_3210

 それはともかく、少ない原因は分かりませんが、ベニシジミの越冬態は幼虫で、また(ベニシジミ幼虫の)食草はスイバやギシギシです。
 堤防や農道沿いの草地には毎年普通に多数生えていますが、草刈りのタイミングや回数などの人為的攪乱なども影響しているのでしょうか。


| | コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

ヤエザクラ、ハナミズキ開花;ツリバナに害虫クロウリハムシ

 全国的に3月の平均気温は平年より高く、地域によっては観測史上最高だったという。
 実感として、春は異様な駆け足で経過。

 足早に進む昨今の春模様です。

●ヤエザクラ開花:
 近隣のソメイヨシノは落花盛んに至り、市街地の団地に植栽のヤエザクラは開花が進んでいます。R0013747

●また同じ場所のケヤキの樹冠もすでにすっかり若緑色になりました。R0013742

●街路樹のハナミズキも、樹によっては開花が始まっています。R0013748

●キュウリグサ:
 先端がくるりと巻いたサソリ形の花序がどんどん伸長して真っすぐな針金のように伸び上がっています。先に花が開いた花茎下部には既に種子が形成されています。R0013740R0013761

●庭のツリバナも先日若葉が展開したと思ったら、もう蕾も膨らんできました。R0013758

 本日(4/2)はさっそくクロウリハムシが飛来して、柔らかな若葉を食害し、穴だらけにしていました。
 殺虫剤スプレーで追い払ったのですが・・・R00137536r

※クロウリハムシ:
 大きさ7mm程。頭部、腹部は橙色で翅や脚は黒いハムシの仲間。
 色々な植物の葉の表面を浅く齧りながら穴をあける害虫。
 カラスウリ類の葉を好んで食害するが、他にダイズ、エノキ、シソ、その他の園芸植物も噛じってしまう嫌われ者。
 出現時期は4~10月、分布は日本各地。

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

アオバアリガタハネカクシ(初見)

●アオバアリガタハネカクシ(初見)(ハネカクシ科アリガタハネカクシ亜科):
 去る3/26、池の堤防斜面の草地に生えていたシロバナカラスノエンドウの写真を撮っていた際に、R0013528_20210401192401


 全くの偶然、視野の中に姿を現したもの。
 ハネカクシの仲間であることはすぐに分かりましたが、これまで見かけていた種類とは別なので、急ぎこちらにレンズを向けました。

 カラスノエンドウの茎を忙しく移動している少なくとも2匹を確認して追っかけましたが、後で撮れた画像を確認すると、別個体も写り込んでいることがわかりました。R0013529-2R0013529-2ctR0013529-1ctR0013529-1

 このような状況から、本種の生息は特に珍しいことでもなく、近辺の草地にも複数の個体が地表を歩き回りながら獲物を探していたようです。
 ただ、”見ようと思って”わざわざ草むらをかき分けるなどしてみても、“チャンスが無ければ”、目にすることは少ないのかもしれません。

※アオバアリガタハネカクシ:
 大きさ6.5~7mmのスリムな体形で、頭部、上翅、腹端(の色)は黒く、他の部位は赤褐色のハネカクシ。
 田んぼや池沼の周辺などの湿った環境・場所の地表に生息している。
 灯火にもよく飛来する。
 体液中にペデリンという毒を持ち、皮膚に触れると炎症を起こす。
 出現時期は3~11月、分布は日本各地。

参考:
●キンボシハネカクシ過去ログ:
 https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-8db3-2.html
その他。

●翅を隠さないキンボシハネカクシ:
 https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/2014-eee7.htmlR0080662cthane


| | コメント (0)

2021年3月26日 (金)

今日のサクラ/ナミホシヒラタアブ初見

 今日(3/26)、日中の最高気温は20℃まで上がりましたが、終日強めの風が吹いて体感温度は低めに。
 それでも平年より5℃は高かったでしょう。
  
●近隣のサクラ
・小学校のサクラ:
 1週間前(3/19)に開花したソメイヨシノですが、昨日(終日曇天で無風)の午後見かけた時にはほぼ満開の状態でした。Img_3080Img_3082


・近隣地区に植栽されているソメイヨシノ銘木:
 例年なら、お花見時には日中は緋色の毛氈が敷かれた縁台が並べられ、夜間はライトアップされて、地区の方々が集まって花見を楽しまれる銘木ですが、本日通りかかった時にはまだ八分咲きの感じでした。
 午後の青空には白い月(月齢12.7)がくっきり。
 (余談ながら、昨年はコロナ禍で中止されました。今年も当然中止。)Img_3116Img_3108Img_3111Img_3107

ナミホシヒラタアブ
 朝方、庭にいた時、ナミホシヒラタアブが飛来してところどころでホバリングしながら辺りを飛び回り、ほどなくハナニラに止まって花粉を舐め始めました。
 今シーズン初見です。R0013552
 

| | コメント (0)

2021年3月24日 (水)

春本番に向かうフィールドで/モンシロチョウ♀交尾拒否行動

 先日の雨と強風を伴う”春の嵐”の後、気温が上がり、フィールドの春も本番に向かっています。
 ただ、当地の既に開花したサクラの展開は予想外にゆっくりで、公園の桜並木の満開は数日先になりそうです。R0013500

 農道や市街地の道端で普通に見かける雑草の花なども急速に伸び出しました。
 ありきたりの繰り返しもありますが順不同の記録に。
 
●ミチタネツケバナ:
 在来種のタネツケバナより早めに繁殖が始まります。Img3074


●フキノトウ:
 畑斜面に自生したもの。
 “旬”はとうに過ぎて、すでに“塔”が立っていました。Img3077

●スミレ:
 生活道路の片隅に咲いていました。
・株1:R0013467

・株2:R00134722

●ノジスミレ:
 全体に毛が多く、葉の縁や花弁が波打つようで、少しだらしない印象も。R0023455

●ヒメオドリコソウ:
 田んぼあぜ道に群生:R0013479

●セイヨウタンポポ:
 農道端で:Img_3058

●白花タンポポ:
 農道端で:Img_3059

●ハルジオン:
 蕾は下向きになり、、茎軸は中空で、ヒメジョオンより早めに咲き始めます。
Img3037

●畑地一面のホトケノザに群れるモンシロチョウ:
 一段とピンクが濃く鮮やかな絨毯になったホトケノザの群生に、モンシロチョウが飛び交っていました。
 多数の♂が飛びまわって♀を探していますが、既に交尾の終わっている♀は、♂が近づくと、翅を拡げ腹部を挙げる交尾拒否姿勢をとり、♂が執拗に迫っても応じることはありません。
 諦めて♂が飛び去るか、またはメスが飛んで逃げるかです。Img_3054Img3050

●ケヤキ林の芽生え:
 赤味を帯びた芽吹きが始まって樹冠が赤茶色っぽく見え始めたケヤキ。
 これからあっという間に若緑色に覆われた樹冠になります。Img_3061

| | コメント (0)

2021年3月13日 (土)

クロヒラタアブ(?)

●クロヒラタアブ(ではないかと思ったヒラタアブの仲間):
 先日(3/11)の朝10時ごろ、庭にいた時に黒っぽいハエのようなものが飛んできて辺りをグルグル回った後、陽の当たっているプラスチック製のごみ箱に止まりました。
 撮ってみるとハエではなく、我が家では初見の「クロヒラタアブ」ではないかと(素人の絵合わせで)思ったことでした。
(専門家によれば、本種の同定は外観だけでは出来なくて、“解剖学的所見”が必要とのことです。)R0013337

※クロヒラタアブ(ハナアブ科)
 体長9~12mm、腹部の地色は黒色で3本の帯模様が見られる
 花の蜜や花粉を舐める。
 幼虫はアブラムシを食べる。
 出現時期は3~11月、分布は日本各地。


●「芽出しの雨」:
 昨日夜半から雨になり本日は終日冷たい降雨になりました。
 ただ雨の降り方は時々刻々、変動し、特に午後2時過ぎくらいから極端で、時折雷鳴が轟き、稲光が走るなど荒れ模様。
 その頃の当地域の雨雲の予想レーダー画像を見ると、雷雲が次々に北上して来て、我が家付近をかすめていく予報。313235

 その割には幸いにも思ったほどのことはなく夜には止んで、明日は終日快晴の予報。
 この雨は「芽出しの雨」になって草木の萌えるのが促進されるでしょう。

| | コメント (0)

2021年3月 3日 (水)

三寒四温で進む春

 昨日(3/2)は気温は18℃と高めでしたが曇天で、午後から雨( 雨量は予期したより少なめでした)になり、特に夕刻から今未明にかけて強風が吹きました。
 今朝には風も収まり、晴れて最高気温は10℃でしたが、日向は暖かく感じました。
 乱高下しながら三寒四温で春が進んで行き、それに伴い、庭植えの季節の草花も例年より遅ればせながら開花しています。


●今朝(3/3)の月:
 ・一日前Img_2916

 ・今朝の月Img_2931Img_2932


 昨日の雨、後ち晴れの天気で庭の草花も動き出しました。
●オキザリス(冬咲き園芸品2種):
 https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-4c7f.html

 冬には乾燥が続いたせいで寒咲種のオキザリスが、1月下旬にはのぞいていた蕾もまったく開花するすることなく枯れていきました。

 ・オキザリス・もものかがやき(ピンク):
 2月中旬になってから、朝から快晴で日が当たり気温が急上昇した日には、ピンクの花が(直射日光が当たっている間だけ)開き、その後はきっちり閉じるようになりました。R0013222

 ・オキザリス・バーシカラ―(白色):
 そして3月1日になって、(枯れ死したものと思っていた)白色種のバーシカラーが1輪、姿を見せました。
 何とか生き残っていたようです。R0013273R0013274R0013277

●クリスマスローズ(2種)
 https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-b1dd.html

 ・ブラックパール:2月中旬には17個の花を開いていました。(花はすべて真下向きに咲きますので”顔”が見えません。
  茎が折れないか心配しながら上向きにして撮影。
 (画像はクリックで拡大します)R0013235R00132484r

 ・カシスレッド:2月中旬に花芽はのぞいていましたがその後もずっと足踏みでした。R0013242

 そして昨日の雨のおかげだったようで本日、びっくりするほどのスピードで花茎が伸びあがっているのに気が付きました。
 まだ開花はしませんが、やがて開花するでしょう。R0013292R00132703

●ヤブツバキ:
 朝方、1輪だけ開花しているのを見つけました。まだヒヨドリには齧られていません。R0013285

●ホソヒラタアブ(ハナアブ科ヒラタアブ亜科):
 今シーズン初めてのホソヒラタアブです。
 ツバキの花を撮っていた時に、1匹のハナアブが飛来し、しばらくしてツバキの葉に静止。
 その撮影後、少し離れたハナニラに飛来したのを見て再撮影。多分、同一個体。R0013284R0013289

※大きさ8~11mm、腹部は黄橙色と黒色の縞模様で、それぞれの節に(太い帯と細い帯の)各2本ずつの黒帯があるスマートなアブ。都市郊外や人家の庭でもよく見られる普通種。ホバリングしながら花から花へと飛び回る。
 幼虫はアブラムシを食べて育つ。
 出現時期は3~11月、分布は日本各地。

●ユキワリソウ:
 (園芸種2種)
 乾燥だけではなく、たぶん土質(地質)も不適当なのでしょうか、一番勢いのない花になっています。
・1種は、鉢植えで知人から頂いた花径もおおきく花付きも見事な立派な株でしたが、地植えにしてからは明らかに弱る一方。
 甲斐性なしで特に手当もしないため仕方ないことなのでしょうけれど。2月中旬にやっと1輪開花しました。R0013253tc

 そしてその後3月1日の花です。R0013279R0013268

・もう一種は、野良猫被害で枯れてしまった跡継ぎにと、栃木花センターまで出かけて買ってきた株。
 こちらも更に弱っていて、枯れたと思っていたら花芽が付きました。
 まだ現在も花芽はそのままで動きません。R0013255

●ヒトリシズカ:
 2月中旬には頭を出しましたが、その後はほとんど動きません。
 動き出すとあっという間に開花が進みますが・・・R0013260


| | コメント (0)

より以前の記事一覧