植物

2020年8月 6日 (木)

雑記

・昨日そして今日ともに最高気温35℃で、例年並みだなと思いながらやはり特有の湿気を帯びた南寄りの熱風が吹く田んぼ道は暑いです。

・早生種のコシヒカリと伺ったことのある田圃。
 やはり実りは周辺より早いようですが、例年通りにお盆休み前に収穫が始まるのかどうか・・・・Img_0573

・複数のシオカラトンボが周辺を飛び交っていました。
 その中で“タンデム”した一組が目前の稲葉に止まったので1枚。Img_0569

・遊歩道植栽のハナミズキの枝裏に”隠遁の術使い、忍者”ニイニイゼミがひっそり止まっているのを発見。
 見上げる位置で完全な逆光になり撮りにくい被写体。結局フラッシュ撮影になりました。R0010869

・生垣のサンゴジュの果実がもう赤く熟し始めていました。R00110874

 週末頃には最高気温も体温に近い温度になる予報。
 昨今のいろいろな出来事、「しょうがねェ」と開き直るしかありません。

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

雑記

 多難の裡に7月も過ぎ去りました。

 朝方は雨、午前中曇り、午後時折晴れ間がのぞくと猛烈な湿熱でげんなり。
 当地も梅雨明けは間近になったようですが・・・

●水田:
 近郊の水田の作柄について日照不足の影響は素人には分かりませんが、稲穂が出そろった水田もあれば、稲穂よりもノビエ(イネ科ヒエ属の雑草の総称で、タイヌビエ、ヒメタイヌビエ、イヌビエなどがあります。)の方が勢いよく伸びあがっている田んぼなどもあったり、色々です。R0010854R0010846

●ナガコガネグモ(コガネグモ科)
 農道沿いのカナメモチの生垣に、すぐにそれと分かるナガコガネグモが大きな巣を張って腹面を向けて静止していました。
 (背面に回れない位置なので背面画像なしです。)R0010851

・大きさ♀20~25mm;♂8~12mm
 腹部に黄色と黒のこまかい縞模様がある細長い体形の大きなクモ。
 草原や林の周辺、水田などに円網を張る。
 網にはジグザグの直線状など、さまざまな形の“かくれ帯”をつけ、その中央に静止する。
 出現時期は7~11月、分布は日本各地。

●ヒメアカタテハ幼虫:
 池端の堤防草地に生えたヨモギの葉を綴り合せてヒメアカタテハの幼虫が成長していました。
 例年のことですが今シーズンは成虫共に、見かけることが非常に少ない印象です。R0010859R0010860R0010862
 
 ※ヒメアカタテハ幼虫(タテハチョウ科)
 体長(終齢)40mm前後
 発生時期1年中(年4~5化)
 越冬形態(幼虫または成虫。なお成虫は寒さに弱いので温暖地域でしか冬越しできない。)
 寄主植物はヨモギ、ゴボウ、カラムシ、など
ヒメアカタテハ
 大きさ(前翅長)25~33mm
 朱色地に黒い紋のあるやや小型のタテハチョウ。素早く飛び、いろいろな花で吸蜜する。
 畑、公園、野原など開けた場所で普通に見られる。
 出現時期は4~11月、分布は日本各地。

●シオカラトンボ:
 全体的にトンボの個体数もずいぶん少なくなった感じです。
 それでも、珍しく、特定の田んぼ地域では多数のシオカラトンボが飛び交っているのを目にしました。R0010866

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

ニイタカホトトギス(園芸種)開花

●ニイタカホトトギス(園芸種)(ユリ科ホトトギス属:
 
 梅雨明けが待ちどうしいこの頃。
 本日、そぼ降る雨の中にもかかわらず、ニイタカホトトギスの花が1輪咲いていました。
 たぶんこれまで最も早い開花記録と思います。R0010780

※本種はタイワンホトトギス(台湾原産の強健種)の一種で耐寒性多年草。
 青紫の花色に褐色の斑点がめだちます。
 栽培環境により開花時期や花色、形などは多少変化します。
 夏の乾燥と高温に弱いので地植え栽培は半日陰むき。
 冬季は落葉し、地上部はなくなる。
 開花期は8~10月。

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

ヒメカメノコテントウ&フタトガリコヤガ若齢幼虫

 長梅雨・日照不足の異常な天候にもかかわらずどんどん葉が展開していくフヨウ。
 防虫作業などできず、放任やむなしをいいことに、ワタノメイガ幼虫(ハマキムシ)やフタトガリコヤガ幼虫、またアブラムシ等々の害虫がやってきて展開を始めた若葉から順に食害していくため、大きくなった葉の多数は穴だらけになっています。

●フタトガリコヤガ若齢幼虫:
 必ず葉表にいる幼虫。
 若齢幼虫は黄緑色だけで、熟齢幼虫のような目立つ模様はありません。R001608


●そんな中で、小雨降る中、目に止まったのが小さなヒメカメノコテントウ。
 葉裏を覗き込んで見ると、葉裏に密集したアブラムシを食べていたのですが、何分、多勢に無勢、焼け石に水、いくら頑張ってくれても防除には追い付きません。
 さりとて殺虫剤を噴霧すればテントウ虫もやられるし・・・
 (画像はクリックで拡大します)R0010613-5R0010613-2R0010613-3R0010613-4

※ヒメカメノコテントウ(テントウムシ科):
 大きさきさ3~4.6mm
 薄黄色地に黒色の斑紋がある小さなテントウムシ。
 斑紋が消失したものや、全体が黒化したものもいる。
 人家の庭先にもやってくる普通種。
 成虫・幼虫とも植物に付くアブラムシを食べる。
 出現時期は3~11月、分布は日本各地

| | コメント (0)

2020年7月22日 (水)

コガネグモ/クズの花/メダカナガカメムシ

●コガネグモ(コガネグモ科)
 長梅雨の、いつ降りだしてもおかしくない蒸し暑い曇天下、田んぼ沿い道路のフェンスと、伸びあがった大型雑草を支点にして、水田を背景に大きな円網を張り、その中心にコガネグモが静止していました。
 獲物の奪い合いを生じない“ソーシャル・ディスタンス”の間隔を置いて2個体がいました。
 いずれもとても目立つ存在。R0010652R0010656

※コガネグモ:
 最も広く知られているクモのひとつ。
 大型のクモで、♀の大きさ(体長)は、20~30mm。初夏に成熟する。
 腹部には幅広い黄色と黒の横縞模様がある。♂はメスの1/5程度と小型で体色は茶色一色。
 ほぼ円形に近いきれいな円網(えんもう)を作り、中心に頭を下に向けて静止している。
 この時、前2対と後ろ2対の足はそろえてX字状にしている。
 足の配置に合わせるように、網の上に白いジグザグの模様をつける。(白帯または隠れ帯とも)


●クズの花/メダカナガカメムシ:
 近くに繁茂したクズの群落では赤紫の花が咲き、R0010651

 葉上には相変わらず2段重ねになった大きさ3mm前後のメダカナガカメムシが歩きまわって吸汁痕をつけていました。R0010658

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

ホソバセダカモクメ(蛾の幼虫)とオニノゲシ

●ホソバセダカモクメ(蛾の幼虫):
  執拗なまでに雨の続く田んぼ沿いの農道端には雑草が蔓延っています。
 その中に群生したオニノゲシ(食草)に、派手な外観のホソバセダカモクメ幼虫が取りついて、蕾の萼片を齧っているのが目に止まりました。
 ずいぶん久しぶりの観察だったので記録しました。
 (撮影6月下旬)R0010384R0010382R0010380

・過去ログ:
 https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_7592.html
・ホソバセダカモクメ幼虫の食草はキク科の雑草ノゲシ類。(ハルノノゲシ(=ノゲシ)、オニノゲシ、アキノノゲシなど)
 成虫は見たことがありませんが、灰色と黒色のまだら模様がある地味なガのようです。


※オニノゲシ:
 農道端の至る処に生える迷惑(葉の棘が硬くて触れると痛い!)多年草。
 花期は主に春~夏だが暖かい地方では一年中花がみられ、綿毛の種を飛ばして繁殖域を広げる。R0010386R0010383

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

イネの花開く

 昨今の長雨で、既に日照不足が懸念されている稲田です。
 近隣では一番早い早生品種コシヒカリと伺っていた水田では、それでもイネの花が咲き始めになっていました。R0010502R0010495R0010497R0010501R0010522

 開花時期に雨が続くと受粉がうまくいかないで不実米が多くなって不作になる、と、以前にも農家の方が心配されているのを伺ったことがあります。

※参考映像:
https://www.nhk.or.jp/rika/micro/?das_id=D0005100071_00000
 

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

ナツメの花

●ナツメの花開く:
 ご近所に庭植えのナツメの木があり、傍を通るたびに小枝が肩に当たるほど道路にせり出しているので、いずれにも小さな花が開きだしているのに気が付きました。
 例年秋には、熟した果実が収穫されずに道路上に落ちるのでナツメの木であることは知ってはいたのですが、花をしみじみ観察したことはありませんでした。
 今シーズンは”特別な暇”に恵まれたので、時折通りがかりに避けながらも開花の進み具合を撮影し、観察記録としました。
 ( 撮影・察観・は6月中旬から下旬まで)
 ( 画像はクリックで拡大します)R0010246R0010052R0010143R0010091R0872rs

※ナツメ(クロウメモドキ科ナツメ属):
・高さ8~9mになる落葉小高木。
・葉は互生し、滑らかで光沢がある卵形、卵状楕円形で、長さ3~7cm。縁に不揃いの鈍い鋸歯があり、3本の主葉脈が目立つ。
・花は初夏、短枝に束生する小枝の葉腋に黄緑色の小さな5弁花を数個ずつ開く。
 花は両性で、花径は5~6mm、花弁と萼片が5枚、雄しべが5本ある。
 小さな花弁は倒卵円形で雄しべと同じ長さ。個々の花弁は開花途中まで雄しべを包んでいる。花弁は小さなさじ形で萼片より小さく、広卵形の萼の間からみられる。さじ型の花弁はやがて外反し、直立した雄しべが姿を見せて花粉を出す。雄しべは花粉放出後に外側に倒れる。
 雌しべ1本は花盤の真ん中にあり、花盤は厚く、肉質、円形。子房は花盤内の下部にあり、花盤と合生、2室。
 各室に1個の胚珠があり、花柱の先端は2つに分かれている。
・萼片は卵状三角形。
・果実は秋(10~11月)に熟し、暗紅色の果実には種が多く、食べる部分は少ないものの、リンゴのような風味がある。
・漢方では乾燥させたものが「大棗(たいそう)」と呼ばれ、強壮、利尿、解熱に効果があるとされる。
・花期は6~7月

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

タイサンボクの花

●タイサンボク(モクレン科モクレン属):
 車道沿いの民家の庭に植栽されたタイサンボクが、高いコンクリート塀の上にせり出して大きな白い花を開いていたので少し遠くから望遠撮影。
 (撮影6月25日)Img_0505Img_0504


 “大昔”のこと、地面に散ったお皿のような白い花弁を船に見立てて小川に浮かべ遊んだことでした。

※タイサンボク:
 北アメリカ原産の常緑高木。
 枝先に、芳香のある白色で杯形の大きな花(花径15~20cm)を上向きにつける。
 花の花弁は8~9枚で、中央部に多数の雄しべと雌しべが集まって円錐状につく。
 葉は互生。葉の表面には光沢があり、裏面は毛が密生しており錆色に見える。
 果実は果実は袋果が集まった集合果で落葉のころに赤く熟する。
 庭木や公園樹としても利用される。
 花期は5~7月。

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

クズノチビタマムシ/コフキゾウムシ

 連日、雨量は少ないものの曇り時々雨模様の日々。
 雨の止み間をぬって農道散歩。
 道端に自生した雑木の根元にクズ(葛)が群生して、その一部は樹上まで覆い隠すように這い上がり何の樹かわからないほどに。
 これほどまでに放置されているのも外出自粛の名残なのでしょうか。

●クズノチビタマムシ(タマムシ科チビタマムシ亜科):
 https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-2f80.html
 目前に広がっている葛の葉をみると、葉の辺縁が一様にぎざぎざの縁取り模様に囓られています。1r0010307
 
  犯人はいずれも“米粒大の小昆虫”である「コフキゾウムシ」や「クズノチビタマムシ」などですが、少しあたりを見回しても齧られた葉表は雨できれいに洗われていて犯人らしいものは見つかりません。
 天気の良い日には多数むらがって葉を齧っているのですが・・・
 暇つぶしに近くの葉を裏返していくと、1匹のコフキゾウムシがいて、すぐに葉の反対側にクルリと回り込んで隠れていきます。
 何回か繰り返すと、しつこい奴だと思ったのでしょう、常套手段でポトンと落下して姿を消しました。


 その時、ちょうど目の前の葉に小さな黒っぽい点のようなものが飛んできて葉表に静止。
 ゴミかと思ったのですが1枚撮っておきました。
 後で原画を確認すると、以前観察記録のあるクズノチビタマムシ(ピンボケ)でした。2r0010305-13r0010305-2

 観察にはルーペがほしい大きさの3~4mmで、頭部・胸部には金色の微毛があり、黒い上翅には灰白色の波状の帯紋があります。
 
 ・こちらに過去ログからマシな画像を再掲。4photo_41


 ちなみに
◆コフキゾウムシ:
 画像を過去ログから再掲5_20200626213501
 https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-8783.html

| | コメント (0)

より以前の記事一覧