自然

2021年1月20日 (水)

大寒/フィールドで

 今日(1/20)は大寒。朝は冷え込んで、水量が減って止水状態になっている街裏の用水も、厚さ1cmほどに結氷して日中の晴天にも融けず。
 ただ天気予報によれば当地の冷え込みのピークは今日までという。
 当たれば楽でいいですが・・・

◆フィールドで。
 ・田んぼ道にカルガモ。
 至近距離でも逃げませんでした。Img_2500

 ・畑にはヒヨドリ。
 好みの野菜を選んで食害。Img_2517Img25202r

 ・人の姿を認めると近くの川柳に退避、通り過ぎると舞い戻って狼藉。
 もう周辺に木の実がありません。Img_2516

 ・日陰の枯れ草地に草の実を探しに飛来して、寒そうに膨らんでいたツグミ。Img_2506

 ・川筋には今シーズン初見のハシビロガモ雌雄。
 水面をシャベルのような嘴で浚うようにしながら流れてくる餌を濾し取って食べていました。
 (逆光のため♂の派手な翅色もわかりません。)
Img_2513Img_2508Img25124rImg_2510Img_2511

 ・カルガモの群れに混じっていた1羽のマガモ♂、また一組のコガモ♂♀、Img2523

 ・ そしてこのあたりでは少数で珍しい(顔が黒い)セグロセキレイ、Img_2524

 ・傍には普通に見られるハクセキレイ。Img_2525Img_2409_20210120203301

 ・アキニレ果実:
 川の擁壁に自生したアキニレの果実がまだ残っていました。R0013055

 カワラヒワなどが食べに集まりますが、最近はその姿を見ることがありません。
 どこに行ってしまったのやら。

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

オニグルミ冬芽と葉痕

●オニグルミ冬芽と葉痕・維管束痕:
 川岸に自生したオニグルミです。以前は近くに3本ありましたが、2本は環境整備などに伴い伐採除去されて、1本だけ”残されています。
 樹勢はずいぶん弱っているものの、枯れずにそれなりに結実し、この時期は葉が落ちた後に観察できる”人気の”冬芽と葉痕・維管束痕です。
 ヒツジの顔にも見えます。R0013044R0013042


   *************************************************

 ・夜、久しぶりに、玄関先から月が見えました。(月齢5)Img_25321185

| | コメント (0)

2021年1月 5日 (火)

小寒のフィールドで/ヒドリガモ(冬鳥)、ハクセキレイ

 全天に広がった雲の合間から時折日射しが漏れる日中、人の少ない時間帯に図書館まで返本に。
 帰り道は少し遠回りして運動不足の足しに。
 川の堤防にさしかかった時、前方100mほどの堤防川側斜面の草地から堤防の上、更に田んぼ側の草地にかけて多数の(ざっと150羽以上)のヒドリガモ(カルガモも混じっていたようです)が草の若芽などを食べに群れていました。
 ごく少ないながら、時折やってくる散歩人の姿を認めると警戒態勢ですが、空腹らしく、すぐに逃げることなくその場で安心できることを確認するまでじっと待機、という様子。
 最後は、気の毒ながら筆者が通り抜けのために近接すると、たまらず川面に一時避難でした。
 食事中邪魔してしまいましたね。
 このところ池では殆ど姿を見ないので、どこに行っているのかと思っていたのですが、こんなところにも”出張”しているのです・・・

(画像はクリックで拡大します)
・全体の風景(これが以下の画像の最終場面です。Img_2402

・ここからスタート:
Img_2385Img_2386Img_2387

・向こう(堤防奥)から散歩人がやって来るのに気が付いて警戒態勢ですが、50mほど近接したところで散歩人は右に折れて遠ざかって行くのを見て安心。Img_2389Img_2392

・筆者が近づくと警戒態勢になり、その後次々に飛び立って川面に一時待機に。Img_2393Img_2395Img_2399Img2407


 街裏の水路にはハクセキレイが1羽。寒そうに止まっていました。Img_2409

| | コメント (0)

2021年1月 3日 (日)

白銀の日光白根山遠望

 連日の寒波で、散歩コース水路の止水面に年末来張った氷は本日も融けることはなく、上空は晴れていたものの、地平付近はすべて靄に包まれて寒い一日。
 唯一、北西に直線距離90kmほどのところ位置する日光白根山(2,578m)近辺の雪山だけが見えました。
 (それにつけても五線紙もどきの前景の無粋なこと)Img_2370Img_2369

 寒そうです。

・当地にも新型コロナウイルス感染拡大の波はひたひたと押し寄せていて、緊急事態宣言の再発令を要請、という破目に。
 予想通りの人間界、です。

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

2021初日の出

◆ 『 去年今年貫く棒の如きもの』 寺田寅彦(物理学者)
                      昭和25年 句作
 そのとおり、と思う一方で、”限りある長さの棒”という我が身にとっては、いずれすっぽ抜けてしまうとも思いつつ

 明けましておめでとうございます。

  ************************************************

・朝6時15分、最低気温-5℃と冷え込んで思わず首をすくめる玄関先に出ると、まだ薄暗い空にきれいな月が入り残っていました。Img_2298614

 着込んでから、初日の出を見るために田んぼ道へ。
・6時31分 東の空のグラデーション;筑波山のシルエットもくっきり。Img_2300631Img_2302631

・足元の雑草ホトケノザや紅葉したギシギシの葉上には霜が降りていました。Img_2303Img_2309


・6時49分 日の出始まりImg_2338649

・6時54分Img_2358654Img_2350654

・6時56分Img_2363656 

 振り向いた上空には残月がまだ綺麗に10img_236665611img_2367656

  新年のスタートです。

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

2020年最後の満月(コールドムーン)

 本日(12/30)は午前中、低気圧の接近に伴い12/5以来のまとまった雨が降るということでしたが、実際の降雨時間は朝6時半ごろから昼前までながら、降水量は思ったほどではありませんでした。
 そして昼過ぎから急に晴れ間がのぞき、日中の最高気温は13℃まで上がりましたが、夕方5時を過ぎるころから雲が湧きだし、また北西の風が強まって気温は急降下、午後8時には3℃に。
 そのような天気の1日でしたが、2020年最後の満月「コールドムーン」を観察することが出来ました。

  ***************************************************

◆朝6時前、新聞を取りに玄関先まで出てみると、明けやらない西の低い空にビックリするような円い月が残っていました。
 ・通りまで出て写真撮り:
 本日の「月の入り」時刻は06:50、そして「日の出」時刻は06:51 

 ・am5:59Img_2261am559

 ・am6:02Img_2265am602Img_2262am602

 ・am6:07東の空Img_2266am607

  ****************************************************

●日暮れ:
 ・空の開けた池の堤防まで行って写真撮り。
 本日の「日の入り」時刻は16:36、そして「月の出」時刻は 16:36
 
 日の入り:
・pm4:19Img_2271pm419

・pm4:26Img_2277pm426

・pm4:27Img_2281pm427

・pm4:35東の空には雲が広がり始めた。Img_2282435

 月の出(コールドムーン):
 快晴ならば白い月がpm4時頃にはきれいに見えるはずですが、全くその気配もなく、気温が急降下して寒さに耐えきれず、pm5時には帰宅。
 時々外に出ては東の空を見ていました。 
・幸いに、雲の合間から満月を見ることができたのはpm5:49Img_2284pm549

・その後はどんどん状況悪化の一途 pm7:00Img_2291pm70

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 なおこの先1週間は、北海道から北陸にかけて、また山陰や九州では元日頃にかけて厳しい寒波が流れ込み、大雪に対する警戒が必要という。災害発生のないよう願うのみ。

| | コメント (0)

2020年12月21日 (月)

2020/21冬至の夜空に木星と土星が大接近

 今日(12/21)は「冬至」。昼が一番短い日。
(ただ、既に「日の入り」は遅くなり始めています。)
 
 そしてまた、397年ぶりに木星と土星が「超大接近」する、ということで
 当地の日の入は16:30、夕暮れは16:59で、17時を過ぎれば、肉眼で観察可能になり、双眼鏡なら木星のガリレオ衛星も見えるという。
 17時頃の天気予報は晴れ、北西の風 2m/s、外気温6℃、湿度50%と寒そう。
 着込んで、南西の空が開けた田んぼ道まで、双眼鏡とカメラ、三脚を持って観察に。

  **********************************************


・16:27
 北東の空がピンクに染まり筑波山が見える。Img_18661627-1

・16:40分
 反対側(南西)の空は入日の残照でオレンジ色になり、雪を感じる富士山が浮かぶ。(画面左端)Img_1871Img_18761640

・17:00
 撮影予定地着
 (車はもちろん、人も来ない川沿いの堤防)は思った以上に寒い。寒さしのぎに時々足踏みしながら待つこと20分。


・17:20 頭上近くの天空に月が輝き、開けた南西の地平には富士山が見え、その上の低い空に土星と木星が(肉眼的には1個の星のように輝いている。 (原画をパソコン大画面で拡大してみると“雪だるま”の様になっていました。)
 (画像はクリックで拡大します)Img_19071720

・月(月齢6.7)Img_1886

・近接の木星、土星望遠撮影:
 左下側の大きい●が木星で、4個の小さな白点がそのガリレオ衛星、右上の楕円形が土星。Img_1891trm1714

・17:25
 帰り道途上で。
 富士山はちょうど高圧線鉄塔の基部に重なっていました。Img_19141725

 残り少ないわが生涯の見納めの空になりました。

| | コメント (0)

2020年12月18日 (金)

今日(2020.12.18)の夜空( 月、土星、木星 )

 本日も、昨日に続き氷点下の冷え込みで、排水路の氷も終日融けない寒い1日に。
 しかし、昨日のような強い北風は吹かず、豪雪に見舞われている雪国を思えば、天国のようなもの。

●午後4時00分:
 風が無かったせいか遠景は少しぼんやりしていましたが、富士山が見えました。Img_1846Img_1844


●午後5時30分:
 (昨日は午後からの曇り空で見えませんでしたが、今日は南西の空に月(月齢3.8)、そして少し離れた低い位置に土星と木星(4個のガリレオ衛星のうち3個は双眼鏡で)見えました。
 (露出時間1秒という性能のカメラで手持ち撮影のため、手振れでひどい画像です。)Img_185630

 月齢3.8の月Img_1860

 土星と木星及び衛星3個(小さな白点)Img_1858


***********************************************

※昨日(17日)中国の無人探査機が月の裏側の土壌をどっさりお持ち帰りになったという。
 今後さらに火星や木星にもサンプル採取に向かうそうだ。

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

残念なまぬけの記録

 昨日は晴れのち曇りで穏やかな冬日でした。
 散歩に出た午後3時25分頃の田んぼ道で、地平に近い北北西の空に、9個の、飛ぶ鳥の姿そっくり、(この画像(撮影時間3時37分)の雲はすでに崩れていますが、)黄色い線で描いた輪郭そのままの雲が一列になって北西(画面左)に先頭から少しずつ形は崩れながらも原形をとどめて、ゆっくりと流れていく瞬間に遭遇しました。
 (画像はクリックで拡大します)Img_1802
 
 大急ぎで、カメラを向け、シャッターを押すと、シャッター音と同時にファインダーには「カードがありません」の文字表示が!

 出かける前に、記録媒体のSDカードを、作業していたパソコンに差したままだったのです。
 往復12分ほど遅れて再び戻ってきた時に見えた風景は、以下の画像で、何の変哲もない雲の列に過ぎませんでした。Img_1797Img_1799Img_1798

 残念な一期一会

| | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

水辺の鳥;東京スカイツリー遠望

 このところ人間界は大変な様相を呈していて、当地もまた例外ではあり得ませんが、身近の小さな自然界はそれとは無縁。
 自粛続きの日常では、フレイル予防運動のつもりの気分転換歩きが日課に。
 行きずりに目にするのは平凡な水辺の鳥や、まれに遠望できる東京スカイツリーなどです。

●水辺の鳥:
 【川で】:
 ・コガモ(冬鳥)
  コガモが群れずにかなりの距離を置いて、なぜか♂ばかりで♀は見当たりませんでしたが、ポツンポツンと浮いていて、時折、水中に嘴を入れては採餌行動を繰り返していました。
  (写真は何れも別個体。クリックで拡大します。)Img1645

  最後に上空から2羽が舞い降りてきたので、眼を向けると、かなり距離をおいて着水したのは♂と地味な♀でした。Img_1659Img_1658

 ・オオバン(留鳥/漂鳥):
 冬場になると移動してきます。たいてい数羽で集まっていますが、この時は1羽だけ:Img_1652

 ・バン(留鳥/漂鳥):
 少数ながら、オオバン同様に冬場になると移動してきて春先まで川辺で暮らしています。
 額盤(くちばしの上方)が黄色いままなのは若鳥で(春先には赤くなります。)、赤いのは成鳥です。Img1655

 【排水路で】
  ・ハクセキレイ(留鳥):
  水際を忙しく移動しながら水生昆虫などの餌を啄んでいました。Img1701

  ・カルガモ(留鳥):
  通年見かけるので普段レンズを向けることはありませんが、ついでに。Img_1720


●東京スカイツリー遠望*:
 晴れるだけでは条件不足で、なかなか見える機会が少ない“東京スカイツリー”(当地から40km圏内、高さ634m)です。
 白っぽい地平空間に 陽炎のように揺れる青く霞んだ、天望デッキ(350m)から上の天望回廊(450m)を含む概略上半分が、遠望できました。Img_1722Img_1721

   ”赤色”点灯でなくて良かったけれど・・・
*https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/--2f33.html


  *************************************************

 世界のコロナ死者数が本日(日本時間12月4日の集計で)150万人を超えたという報道。
 大阪府でも昨夜(11/3)午後8時から(府の依頼を受けて)「通天閣」が赤くライトアップされたとのニュース。
 東京スカイツリーでは本日(12月4日;17:30-24:00)のライティングはNizi(虹)をイメージした特別ライティングと紹介されていましたが・・・ 今後赤色になりませんように。


 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧