雑記

2020年8月 6日 (木)

雑記

・昨日そして今日ともに最高気温35℃で、例年並みだなと思いながらやはり特有の湿気を帯びた南寄りの熱風が吹く田んぼ道は暑いです。

・早生種のコシヒカリと伺ったことのある田圃。
 やはり実りは周辺より早いようですが、例年通りにお盆休み前に収穫が始まるのかどうか・・・・Img_0573

・複数のシオカラトンボが周辺を飛び交っていました。
 その中で“タンデム”した一組が目前の稲葉に止まったので1枚。Img_0569

・遊歩道植栽のハナミズキの枝裏に”隠遁の術使い、忍者”ニイニイゼミがひっそり止まっているのを発見。
 見上げる位置で完全な逆光になり撮りにくい被写体。結局フラッシュ撮影になりました。R0010869

・生垣のサンゴジュの果実がもう赤く熟し始めていました。R00110874

 週末頃には最高気温も体温に近い温度になる予報。
 昨今のいろいろな出来事、「しょうがねェ」と開き直るしかありません。

| | コメント (0)

2020年8月 4日 (火)

満月の夜

・本日は朝のうち曇りでしたが日中は晴れて気温は上がり、猛暑日一歩手前の34℃に。
 日中所用でやむなく外出、汗だくに。
 
・今夜は満月。
 夜10時前、玄関先に出てみると外気は温度温27℃、湿度83%ということで、まだムッとするような上空には薄雲がまばらに流れていて、”蒸し饅頭”のような色の月が出ていました。
 その右上に1つ輝いていたのは木星。Img_0565Img_0567

・路地からは早くもエンマコオロギやツヅレサセコオロギの鳴き声も漏れ聞こえるようになりました。

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

8月はじまり、梅雨明けと共に

 8月の始まり。
 合わせて関東も梅雨明けに。
 梅雨明けが8月にずれ込んだのは2007年以来、13年ぶりとのことですが、記憶にありません。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●カルガモ:
 7月中旬、曇天下の午後4時過ぎの農道で:
 特別な品種なのでしょうか、7月になってから遅い田植えが行われていた水田には、大きくなった子連れのカルガモ家族が餌を求めて歩き回っていました。R0010650

●ヒメジャノメ:
 7月中旬に農道沿いでみかけた個体(上)、また下旬の夕刻になって我が家に飛来した個体(下)です。R0010726

 また別の日、イネに止まっていた個体も。R001041875

※ヒメジャノメ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科):
 大きさ(前翅長)20~30mm。
 林縁や田んぼ域など、フィールドで普通に見られる薄茶色の地味なチョウ。
 翅の裏面に白い帯と目玉模様がある。
 ふわふわと比較的ゆるやかに飛び、田んぼでは稲の葉などによくとまる。
 人家の近くにもいる。花にはほとんど来ず、腐果や獣糞などに集まる。
 幼虫の食草は、イネ、チヂミザサ、カサスゲ、ヒメスゲなど。
・コジャノメに似るが、本種の方がはねの地色が明るく、後翅裏面の大きな目玉模様の上に並ぶ小さな目玉模様の数が3つ(コジャノメは4つ)であることで見分けられる。
 出現時期は5~10月、分布は日本各地。

●イチモンジセセリ/チャバネセセリ:
 セセリチョウの仲間も以前に比べて見かける機会はずいぶん減少しました。
 ・イチモンジセセリは5月下旬と7月初旬にフィールドで見かけた記録があります。Img_02975R001042075

 ・その後の7月中旬、初めて見かけたチャバネセセリです。Img_0544


●アゲハ蝶の仲間:
 ご近所のミカンの木が伐採されてしまったこともあるのでしょうが見かける機会が少なくなりました。
・ナミアゲハ:
 遊歩道沿いに繁茂したヤブガラシの花に吸蜜にやってきた個体:R0010454

・アオスジアゲハ連結体:
 交通事故にでもあった?のか、”連結”したまま舗装農道の真ん中に落ちて絶命していたもの。
 見た目に大きな損傷はなさそうでしたが。R0010504713

●オンブバッタ子供:
 7月下旬、小雨の降る朝方、庭にやってきた初顔見世のオンブバッタ子供。R0010667
 
 雑草を齧ってくれればいいのですが、なぜか園芸種が好みのようで、我が家では害虫扱いですが、大目に見ることに。

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

雑記

 多難の裡に7月も過ぎ去りました。

 朝方は雨、午前中曇り、午後時折晴れ間がのぞくと猛烈な湿熱でげんなり。
 当地も梅雨明けは間近になったようですが・・・

●水田:
 近郊の水田の作柄について日照不足の影響は素人には分かりませんが、稲穂が出そろった水田もあれば、稲穂よりもノビエ(イネ科ヒエ属の雑草の総称で、タイヌビエ、ヒメタイヌビエ、イヌビエなどがあります。)の方が勢いよく伸びあがっている田んぼなどもあったり、色々です。R0010854R0010846

●ナガコガネグモ(コガネグモ科)
 農道沿いのカナメモチの生垣に、すぐにそれと分かるナガコガネグモが大きな巣を張って腹面を向けて静止していました。
 (背面に回れない位置なので背面画像なしです。)R0010851

・大きさ♀20~25mm;♂8~12mm
 腹部に黄色と黒のこまかい縞模様がある細長い体形の大きなクモ。
 草原や林の周辺、水田などに円網を張る。
 網にはジグザグの直線状など、さまざまな形の“かくれ帯”をつけ、その中央に静止する。
 出現時期は7~11月、分布は日本各地。

●ヒメアカタテハ幼虫:
 池端の堤防草地に生えたヨモギの葉を綴り合せてヒメアカタテハの幼虫が成長していました。
 例年のことですが今シーズンは成虫共に、見かけることが非常に少ない印象です。R0010859R0010860R0010862
 
 ※ヒメアカタテハ幼虫(タテハチョウ科)
 体長(終齢)40mm前後
 発生時期1年中(年4~5化)
 越冬形態(幼虫または成虫。なお成虫は寒さに弱いので温暖地域でしか冬越しできない。)
 寄主植物はヨモギ、ゴボウ、カラムシ、など
ヒメアカタテハ
 大きさ(前翅長)25~33mm
 朱色地に黒い紋のあるやや小型のタテハチョウ。素早く飛び、いろいろな花で吸蜜する。
 畑、公園、野原など開けた場所で普通に見られる。
 出現時期は4~11月、分布は日本各地。

●シオカラトンボ:
 全体的にトンボの個体数もずいぶん少なくなった感じです。
 それでも、珍しく、特定の田んぼ地域では多数のシオカラトンボが飛び交っているのを目にしました。R0010866

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

暮れなずむ田んぼ道

 日中の暑さを避けて涼しい風が吹き出した夕刻、田んぼ道まで散歩ウオーキング。
 鉄塔の上には金星が輝き、暮れなずむ風景が慰めになりました。(撮影は5/8午後7時)Dsc_00967 

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

カナヘビ

 昨日(5/5) は午前中晴れて気温がどんどん上がり、最高気温は29℃。
 午前中、いまだ手付かずだった”がらくた・雑品の山崩しに。
 そのたびに、完全に忘れていた処分が必要な”掘り出し物”を玄関先の日陰に持ち出してダラダラと始末をしていた最中のこと。
 突如、目の前にカナヘビが飛び出して素早く横切っていきました。
 もう何年も姿を見ることがなくなっている生き物です。
(過去ログを確認すると、2015年8月以来でした。)
 https://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-f460.html
 どこか近くにいるかも、とポケットカメラを片手に、走り去った後を“探索”に。

・カナヘビ再会!
 屋外飼育のメダカ水槽の陰からそーっと頭を出して、辺りを警戒しながら少しづつ全身を現しました。
 見ると、体は黒っぽい褐色で、しっぽの部分だけが短めで淡い褐色です。
 多分、トカゲのしっぽきりで、野良猫に襲われるなどの危険な目にあって尻尾を切って逃げた後に再生したのではないかと思いましたが・・・に。
 駐車場のコンクリート床に降りると車の下に隠れて見えなくなりました。R0021955R0021956R0021957


【余談】:
 その日の午後3時頃には天気急変、にわかに暗くなり、雷鳴、冷たい風と共に大粒の雨。(連日雷注意報が出ています。)
 当日はそのまま降りやまず。

◆本日(5/6)は未明2時前に緊急地震速報受信、(でもあまり揺れは感じなくて外れだったようですが)雨は終日止まず、最高気温は16℃。
 午後になって3時過ぎから断続的に夜遅くまで雷と雨の繰り返し。56

・昨日の朝はじめて開花したバラ(ブルームーン)1輪も連日雨に打たれると台無しになります。Img_0167

・明日は晴れて19℃の予報。ナメクジがどっと出てくること間違いなし。
 でもコロナよりはずっとマシ。

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

アオオビハエトリ♀

●アオオビハエトリ(ハエトリグモ科):

 本日は予報どおり晴れて気温も上がりました。
 玄関先に出た午前10時前の気温は24℃。
 暑いな、と顔をしかめながら草取り準備を始めた時、日陰の外壁に今シーズン初見のアオオビハエトリが”バンザイ”・スタイルで歩き回っている のを見つけて、追っかけ。
 ♀の個体でした。R0021819R0021807R0021817

※大きさ5~6mmで暗褐色~黒色の体に青く輝く帯状の毛が密生したきれいなクモ。
 網を張らず、草むらや樹木、また石の上などを、第1脚を持ち上げ“バンザイ”スタイルで徘徊しながら主にアリなどの獲物を捕らえるハエトリグモの仲間。
 出現時期は4~8月、分布は本州、四国、九州。


・日中の最高気温は31℃と真夏日になりました。
 昨日草取りして整地し、“ピカピカの更地”になったスポットには、予想通り、我が物顔に来訪する野良猫が大量のうんちをしていきました。
 うんざり、ですが、仕方ありません。
 (余談ながらアメリカでは飼い猫が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたそうですが・・・)

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

田植え風景/コアジサシ(初見)

 今日は朝から快晴で穏やかに晴れ上がり、農家さんにとっては絶好の“田植え日和”にもなりました。
 散歩コースの水田地域では例年通り田植えも本格的となってきたようです。
 しかし、遠目には、機械化された田んぼでは作業中の人影もほとんど見えません。

・午前10時ころには、すでに大部分の田植えが終わりかけている田んぼもあれば、Img_0112

・代掻き作業中の田んぼではトラクターの動きを気にしながらもコサギが降りて餌を探していたり、Img01102r

・水張が終わって満々と水を湛たえた田んぼにはカルガモが降りて餌をあさっていたり、Img01133r

・また、夏鳥のコアジサシ(シーズン初見)が1羽だけコンクリートの畔に降りて佇んでいる姿も発見するなど、Img0144
  人と生き物の自然の情景を目にすることができました。

※コアジサシ繁殖地の保全・配慮指針(環境省):
 https://www.env.go.jp/nature/yasei/raptores/little_tern.html
 コアジサシは、日本に夏鳥として渡来し、河川や海岸でコロニーを作り集団繁殖。本亜種は絶滅が危惧されており、環境省の第4次レッドリスト(平成24年8月)で絶滅危惧 II 類に位置づけられています。また、日豪等の二国間渡り鳥条約に基づき、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」で、国際希少野生動植物種に指定されています。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (朝晩はまだ少しひんやりするものの)週末まで夏日が続く予報で、自然はもうすっかり新緑の美しい初夏の様相になっています。
 そして、”ステイ・ホーム”要請の出ている地域で、水田が広がる田舎ではありますが、特に若い人たちが連れだって、あるいは単独で周辺域の道路でランニングやジョギングに励む姿を多く見かけるようになりました。
 人口密集地域ではありませんので問題はないのでしょうが、”ジョギングエチケット“*には無関心のようです。


◆余談ながら、いつも拝読しているHPから(無断)転載。
 「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」
  https://www.covid19-yamanaka.com/index.html
*ジョギングエチケット
 外出自粛が続いていますが、時々のジョギングや散歩はOKと言われています。
 以前より、ジョギングをする人が増えているようにも思います。
 新型コロナウイルスは感染しても多くの人は無症状です。発症する場合も、潜伏期にすでに感染力があると考えられています。
 ジョギングできるくらい元気でも、実は感染しているかもしれません。
 走って大きな息をするときは、咳やくしゃみと同じように周囲への配慮が望まれます。
 マスク、もしくはバフ等でジョギングエチケットを心がけましょう。
 https://www.youtube.com/watch?v=sO1BmlMij8c

・走る時は、10メートルくらい離れないと感染の危険があるという報告もあります。
 https://medium.com/@jurgenthoelen/belgian-dutch-study-why-in-times-of-covid-19-you-can-not-walk-run-bike-close-to-each-other-a5df19c77d08


 ついでにこちらの別の話題も。
◆イベルメクチンが有効か
The FDA-approved drug ivermectin inhibits the replication of SARS-CoV-2 in vitro
 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0166354220302011

・(以下、素人の筆者記入:
  in vitroで新型コロナウイルスの増殖阻害作用が認めらたことが、オーストラリアで行われている患者の治験でも効果が認められたことの裏付けになっているようですが、今後さらにコントロールされた二重盲検法による臨床治験でその有用性、有効性そして安全性が再確認されるのでしょうか。)

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

天気荒れ模様

 本日(4/18 ) は荒れ模様。
 昨夜半から降り始めた雨が午前中には強くなり、いつもは近くの食品スーパーでの生鮮食品の買い出しには歩いて行くのに、本日はやむなくマイカーで。
 以前は毎日、運動を兼ねて歩いて行きましたが、“コロナ”が来てからは、2~3日分をまとめ買いして、2~3日置きに行くことにしています。
 しかし、当地でもスーパーから「コロナの拡大する中で、商品の入荷が不安定になり、品切れ、数量制限など、また営業時間も短縮することなどで迷惑をかけるが協力を、とのお知らせで、
 時には目的のものが買えないこともありますが、別のものでも構わないことで、幸い現時点では”買い占め“などの混乱はありません。

 昼過ぎまで大雨、強風、雷注意報が出ていましたが、午後3時頃には雷注意報だけになり、更に4時前には雨は止んで部分的に晴れ間ものぞいたりして天気は回復。

・15時40分雨雲レーダー画像:1540

 午後4時前、リビングから撮影。
・部分的に青空がのぞく:Img_00364

・先日(4/14)蕾をつけていたエビネが、R0021528414

 風雨の中でも開花していました。Img_oo37

・午後5時半ごろ地震発生:
 台所に立っていた5時半ごろ。ゆらゆらとゆっくりながら比較的大きな揺れが。
 地震だ、遠いな、TVスイッチON。
 発生時刻17時26分頃。震源地は小笠原諸島西方沖、深さは約490km、マグニチュードM6.9、最大震度4、しばらくして津波の心配はありません、のアナウンス。
 当地の震度は2.
 複数のプレートがゴリゴリやっているんだなあ、とぼやきながらスイッチOFF。
Ogasawaraoki

 (その約1時間後に再び同じ場所でM6.0の地震。こちらは片付け物などしていたせいか、気が付きませんでした。
 “災害は忘れていない間にやってくる”、災害列島日本です。)

・夜、夕食後、街路灯があり一応歩道も整備され、通行人は途絶えた道路までネックライトをつけて胸ポケットに携帯ラジオをいれて運動に。
 街路樹のハナミズキは4月上旬(4/7)には開花(写真)していましたが、今は満開です。Img_99294


| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

アリアケスミレ / フルムーン

●アリアケスミレ(スミレ科スミレ属):
 
・新型コロナウイルス感染拡大
 本日「緊急事態宣言」発出に。R0021424


・午後5時前、夕日の射す池周囲の草原広場までウオーキングに。
 遊歩道沿いで砂礫混じりの草地にアリアケスミレが群生していて、しゃがみこんで覗いている瞬間だけは“コロナ”のことは忘れました。R0021412R0021417R0021413R0021414R0021416c

 が、気がつけば、本日突然のように、草原や堤防遊歩道のあちらこちらに犬連れや、散歩人の多いこと!
 当地も、不急不要の外出自粛要請ではあるが、散歩などはOK、をまじめに実行?!

※アリアケスミレ:
 やや湿った草地や道端などによく生え、市街地にも生える丈夫な多年草。
 地上茎が立たない菫の仲間。全ての花柄や葉が根元から出る。
 葉は長楕円状披針形で、葉柄の上端に狭い翼がある。
 花は白色から紅紫色まで変化に富む。名前の由来はその花色を有明の空にたとえたもの。
(花は)直径約2㎝、花の側弁と唇弁に、濃紫色の筋が目立つ。側弁の基部に毛が多く、上弁の基部に毛があるものもある。距は太くて短い。花柱はカマキリの頭のように先が広がる。
 花期は4月~5月、分布は本州、四国、九州。


●スーパームーン:
 今夜(7日夜)から明日8日にかけての満月は、今年見える満月で最大の「スーパームーン」。
 午後8時、玄関先に出てみると厳冬期の凍れる夜空と違い、晴れてはいても湿気が多いせいか、肉眼的にもなんとなく赤っぽい色が感じられる月でしたが、眺められて幸いです。Img_9941Img_9943

| | コメント (0)

より以前の記事一覧